松下源太郎とは~井伊直政の母が再嫁した松下清景と井伊家の関係


スポンサーリンク
スポンサーリンク

松下清景とは

松下清景(松下源太郎、松下源太郎清景、松下源左衛門)は 松下之綱(松下加兵衛之綱)の兄とも、松下常慶の兄ともされ、徳川家康の家臣。
井伊直政の生母である奥山親朝の娘(奥山朝利の娘とも?)と結婚したことから、のちに井伊家の筆頭家老となった。
そして、中野直之の次男・中野一定を養子に迎えている。

 スポンサーリンク


1590年に井伊直政が上野の箕輪城主となった際にも従った。
この時、箕輪城では、家老として稲荷郭に屋敷を設けたようだ。

1597年5月29日、松下源太郎清景は上野にて没する。
法名は本光院心月不染居士で、墓は上州の箕輪・龍門寺にある。

跡は、井伊谷三人衆と関連ある中野直之の次男が、松下家の養子となって松下一定(松下志摩守一定)と称してが継いでおり、井伊家の家老職を担った。
井伊直政の長男・井伊直継(井伊直勝)が1615年2月に改易されて、彦根から安中藩3万石となると、中野直由の妻が上州・井徳山龍潭寺の建立を松下一定に願い出た為、松下一定は龍潭寺に鐘楼を寄進している。

なお、浜松には松下家の本拠とされる頭陀寺城(ずだじじょう)がある。別名は市場城、松下屋敷跡とも言う。

松下源太郎清景の松下家の本拠と言う事になるが、浜松にある頭陀寺城主だったのは松下之綱(まつした-ゆきつな)である模様で、同じ一族と推測は出来ても、松下源太郎清景の本貫は不明と言える。

松江戸時代に旗本となっている松下家は、13家もあり、それだけ本家・分家とたくさん枝別れしているので、松下源太郎(松下清景)に関しては、わからないことが多い。

ちなみに、松下之綱はまだ若い豊臣秀吉織田信長に仕官する前に、仕えていたとされる武将でもあり、松下之綱の娘・おりんは、柳生宗矩に嫁いでいる。

さて、松下屋敷跡(頭陀寺城)への行き方であるが、浜松城からだと車で10分ほどの場所となる。
公園の西側の道路が駐車禁止にはなっていなかったので、短時間止めさせて頂いた。

下記のGoogleオリジナルマップで場所も示しており、スマホで表示すればカーナビとしてご活用頂ける。

井伊谷や直虎ゆかりの観光スポット・Googleオリジナル地図
松下常慶とは~謎の山伏も井伊家復興に大きく貢献する
奥山親朝とは~奥山朝利と娘・しの【井伊家一族】奥山六左衛門と奥山孫一郎も
井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師のまとめ【2017年大河ドラマ】
井伊直政の波乱な生涯はこちら
飯尾連竜とお田鶴の方・椿姫【女城主】椿姫観音
浜松城(引馬城、曳馬城、引間城)の観光攻略&訪問記・写真集
井伊直虎ゆかりの地を観光するお勧めスポット【おんな城主・直虎】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…
  2. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  3. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る