伊達実元と伊達成実~大森城の訪問記


スポンサーリンク
スポンサーリンク

大森城(おおもりじょう)は標高147m、比高60mの小高い丘陵の先端部に築かれた山城で、現在は大森城山公園として整備されています。
別名は臥牛城、白鳥城、鷹峰城。

大森城の最初の築城者や年代は不明ですが、1506年の史料では常光寺が大森城の城下町に建立されたとあります。
南北朝時代には、佐藤盛衡(佐藤十郎左衛門盛衡)と言う武将が福島に確認できますが、大森城主であったかどうかは分かりません。

 スポンサーリンク


戦国時代に入ると、梁川城主・伊達稙宗の3男・伊達実元が大森城主となり整備されました。

伊達実元(だて-さねもと)は、1527年生まれで、母は中条定資の娘?とされます。
最初、縁戚でもあるる越後守護・上杉定実の養子に入る予定となり、上杉定実から一字を拝領し伊達実元と名乗ります。

しかし、1542年6月、越後に向かう伊達実元に家中の精鋭100騎を随行させようとした父・伊達稙宗に反発した、兄・伊達晴宗が重臣・中野宗時と桑折景長らの後押しを受けて、鷹狩りから帰る途中の父・伊達稙宗を西山城に幽閉します。
程なくして小梁川宗朝により西山城から救出された伊達稙宗は、嫡男・伊達晴宗に対して兵を向け、奥州全体を巻き込む形での「天文の乱」が勃発します。

伊達実元は父・伊達稙宗に属して福島の信達地方で奮戦しますが、1547年に蘆名盛氏が伊達晴宗に寝返り戦況が不利となります。
そして、1548年9月、将軍・足利義輝の仲裁を受けて、父・伊達稙宗は伊達晴宗に降伏し、家督を譲られた伊達晴宗は、父・伊達稙宗を丸森城に隠居させました。

伊達実元の上杉家へ養子入りして、上杉氏を継ぐ話も立ち消え、桑折西山城の兄・伊達晴宗が米沢城を本拠地とすると、兄・伊達晴宗の2娘(鏡清院)を正室に迎えて、兄と和解した伊達実元が大森城主として伊達領の南方となる信達地方の統治を任されました。
下記写真は大森城の遠景です。

1564年、甥・伊達輝宗が、最上義光の妹・義姫を娶り、伊達家の当主となると、田村清顕や、相馬盛胤・相馬義胤との戦いにも出陣し、近隣の小大名を伊達家の支配下へと組み込み、伊達家の安定に尽力しています。

1567年、伊達政宗が米沢城にて誕生。
1568年、伊達実元の嫡男・伊達成実が誕生。
伊達成実(だて-しげざね)は、時宗の僧・了山和尚(専念寺住職)にから学問を学んでいます。

1579年、嫡男・伊達成実(12歳)が大森城にて元服。(烏帽子親は伊達輝宗)

1583年、嫡男・伊達成実に家督と大森城を譲ると、八丁目城に隠居し「棲安斎」と号しました。
ただし、隠居したあとも、伊達一門の長老として外交・調略に従事し、伊達成実と共に、伊達政宗の片腕として活躍し、苦境を救っています。

1584年、粟ノ須の戦いにて伊達輝宗が、二本松城主・畠山義継と共に最期を遂げ、1585年の人取橋の戦いでは、敗走する伊達政宗(19歳)の退却戦では伊達成実(18歳)が奮戦し貢献しました。

なお、渋川城に在城していた際の火災で、伊達成実は右手に大火傷を負っています。
ちなみに、伊達成実の正室は亘理御前(亘理重宗の長女)で、継室は岩城御前(二階堂盛義の娘)ですが、跡継ぎは早世したのか恵まれていません。

1586年、伊達政宗が二本松城を攻略すると、伊達成実が二本松城主38000石となった為、大森城主には片倉景綱(片倉小十郎)が赴任しています。

1587年4月16日、隠居していた伊達実元が八丁目城にて死去。享年61

二本松城の伊達成実は、1588年の郡山合戦なて、蘆名義広の攻勢をしのぎ、また大内定綱を調略して帰参させました。
1589年、摺上原の戦いでは、突出してきた敵の側面を強襲して劣勢を覆えすなど、伊達勢の主力として活躍し伊達政宗のもと、数々の軍功を挙げます。

1590年5月、伊達政宗(24歳)が豊臣秀吉小田原攻めの際に、小田原へ馳せ参じた際には、伊達政宗の留守を伊達成実が黒川城にて守りました。

葛西大崎一揆に従軍した伊達成実ですが、一揆煽動が露見して伊達政宗が上洛を命じられると、国分盛重と共に蒲生氏郷への人質として伊達成実は名生城に入りました。

1591年、伊達家は150万石から58万石に減封となり、伊達政宗が岩出山城(岩手沢城)に入ると、伊達成実は田手宗実の旧領を与えられて角田城主となりました。

1592年からの文禄の役にも従軍したあとは、伊達政宗に従い伏見の伊達屋敷に駐在しています。

1595年6月4日に、伊達成実の正室・亘理御前が伏見にて死去。

その後、伏見に滞在していた伊達成実は突如として伊達家を出奔します。
そのため、角田城は岩出山城留守居役の屋代景頼によって接収されましたが、この時に抵抗した伊達成実の家臣・羽田実景ら30人余が討死し、伊達成実の家臣団も解体されました。

なお、出奔した時期は詳しくわかっておらず、28歳だった1595年秋から1598年までの諸説があります。

また、出奔先も高野山であったり、相模国糟谷(伊勢原市)とする説もあり、出奔理由も禄高も少ない事への不満、豊臣秀次事件での伊達政宗への連座を避けるため?など、諸説あります。

1600年、関ヶ原の戦いの際には、上杉景勝が禄高5万石で伊達成実を誘っていますが「本来ならば家臣筋の家に仕えるつもりはない」と拒否していますので、禄高に不満があったと言う事ではなさそうです。

また大久保忠隣が仲介して徳川家康からも誘いを受けていますが、伊達政宗の奉公構による妨害を受けています。

しかし、1600年の秋に、伊達政景(留守政景)や片倉景綱らの説得を受けると伊達家に帰参し、7月の白石城の戦いにも石川昭光の軍勢として参加したと言われています。

1602年12月30日、片倉景綱(片倉小十郎)が白石城主となったため、空席となった亘理城(亘理要害)に入り、伊達成実(35歳)は6113石となりました。

その後、伊達成実は1606年に伊達政宗の娘・五郎八姫と、徳川家康の6男・松平忠輝の婚礼の使者となり、1613年には加増されて10000石となっています。
大坂冬の陣、大阪夏の陣にも参陣し、1622年の最上家改易では、野辺沢城の接収なども担当しました。

1636年に伊達政宗が没したあとは、第2代藩主・伊達忠宗から伊達成実は長老として重用され、領内の開発、灌漑設備、岩地蔵用水の全面的改修、鳩原用水を新設、鳥屋崎浜・箱根田浜・長瀞浜・大畑浜の塩田開発などにも尽力。

洪水対策費用を借りた御礼にと、1638年、伊達忠宗の名代として江戸に赴いた伊達成実は、奥羽での軍談を所望され、人取橋の戦い物語り、御簾を隔てて聞いていた将軍・徳川家光から感銘を受けたとされます。

1639年には、跡継ぎとして伊達政宗の9男・伊達宗実を養子に迎えました。

1646年2月9日、養嗣子・伊達宗実に家督を譲った伊達成実は、1646年6月4日に死去。享年79。

墓所の大雄寺の伊達成実霊屋です。

大森城のその後

1591年、豊臣秀吉の奥州仕置では、信夫郡が蒲生氏郷に与えられ、大森城主には蒲生氏郷の客将・木村吉清が入りました。

しかし、杉妻城(杉目城)を改修して「福島城」と改名すると、以後、福島城を居城としました。
現在の福島市や福島県の「福島」という名の誕生となった訳ですが、これにともない大森城は廃城となりました。

しかし、蒲生家が宇都宮城へ移されたあと、上杉景勝が会津に入ると、大森城は再び使用されるようになり、栗田国時が大森城主となっています。

関ヶ原の戦いの直前に、栗田国時が徳川家康に内通した際に殺害されたあとは、白河城の芋川正親が大森城主となりました。

以後、江戸時代に入っても大森城は芋川家に受け継がれましたが、1644年に上杉綱勝が急死し、上杉綱憲の相続騒動によって、上杉領が15万石に半減された際に、信夫郡は幕府直轄領となり、大森城は廃城となっています。

下記は大森城の本丸跡です。
各写真はクリックすると拡大し、スライドさせる事も可能です。

もう読めませんが、大森城の碑もあります。

大森城の本丸脇には、石棺などがある「古墳」も再現されています。

下記は本丸からその先端方面を撮影したもので、公園としてかなり整備されています。

下記は見返した大森城本丸です。

福島盆地を見下ろす模擬櫓もありましたが、冬季は立入禁止なようです。

その模擬櫓付近からの福島市内の展望です。

模擬櫓の手前は空堀になっています。

2014年には大森城の城山公園全体が「除染」されましたが、麓の民家などでは2015年12月現在、まだ除染作業しているところもありました。

大森城の模擬櫓付近には遊具も色々と設置されていました。

帰り道の写真4連発です。

大森城の全体地図は下記の通りです。

下記は麓から撮影した大森城です。

大森城の東側山麓にある城山観音堂には上杉時代の城代・芋川氏の墓があります。

大森城へのアクセス・行き方ですが、JR南福島駅からだと大森城の麓まで約2.2km、徒歩30分です。
大森城は山頂部分に駐車場があり、道は細いですが車で登れますのでラクラクです。
駐車場も30台は止められ、トイレも完備されていますが、東北特有の事情で冬季はトイレ閉鎖される場合があると思います。
見学所要時間は、私の場合20分でした。

片倉景綱と片倉重長~智勇と温情を兼ね備えた片倉小十郎
伊達輝宗とは~伊達家の行くすえを政宗に託した名君
伊達政宗【詳細年表】~独眼竜・伊達政宗
蒲生氏郷~2人の天下人から厚く信頼され戦国の世を駆けぬけた希有の智将
葛西晴信と木村吉清・木村清久とは?~奥州仕置後の葛西大崎一揆をわかりやすく
伊達政宗~5年で114万石にした独眼竜政宗のすごいところ
徳川家光とは~3分でわかる280年続いた徳川幕府のの基本政策
伊達成実が祭神として祀られている琴似神社-北海道の戦国スポット

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 山田久夫
    • 2016年 9月 19日

    大森の住人です。なかなかよくお調べになられましたね!
    ところで、南朝方として戦い敗北した伊達氏ですが、北朝方の室町幕府のもとで陸奥守護職に就けたのは何故でしょうか。天文の乱の後に伊達稙宗は陸奥守護職を解かれてしまいましたね。
    室町時代の歴史は意外な展開があり、面白いですよ。研究してみませんか。史料の蓄えがあります。

    • 高田哲也
    • 2016年 9月 19日

    山田さま
    コメント、誠にありがとうございます。
    研究の題材も賜りまして誠に恐縮です。
    ありがとうございます。
    しかし、只今は、九州を中心に追跡しております関係で、東北は今後の課題となっております。
    是非、山田さまにもご協力を賜りまして、ご寄稿を賜りたいくらい、手が足りない状況でございます。
    お察し願えますと幸いです。
    また、何かございましたら、お知らせ願えますと嬉しく存じます。
    高田

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  2. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  3. 久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称は杉目御前、笑窪御…

人気の戦国武将

  1.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  2. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…
  3.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る