磯野員昌~織田勢に肉薄した近江の猛将と磯野行尚





磯野員昌(いその-かずまさ)は磯野員宗の子として1523年に生まれた。

この磯野家は近江・湖北四家のひとつで、京極高吉に従っていたが、同じく京極氏の家臣であった小谷城主・浅井亮政が勢力を強める。
主家である磯野山城主・磯野為員(磯野源三郎為員)が、磯野一族の宮沢忠左衛門の裏切りもあり討死して滅亡し、磯野家が浅井亮政に屈服すると、宮沢忠左衛門の子である宮沢平八郎が、佐和山城主・磯野伊予守員吉の養子となり「磯野員宗」と称し、佐和山城の磯野家を相続していた。

その磯野員宗の子が磯野員昌(磯野丹波守員昌)と言う事になる。
父の死後、一旦、叔父である磯野員清が継いだが、そのあと磯野員昌が家督を継承した。



磯野員昌も無双の勇士で、武勇に秀でていたことから浅井長政のもとで戦功を挙げ、先鋒を任されるまで信頼を受けた。

特に、1570年6月28日の姉川の戦いでは、池田恒興柴田勝家を打ち破り、磯野員昌11段崩しとも呼ばれる、敵対した織田信長の本陣近くまで斬り込むと言う猛攻を掛けたが、稲葉一鉄氏家卜全安藤守就森可成らが辛うじて防衛している。

この敗戦で、浅井家の本拠・小谷城と、磯野家の佐和山城とは、木下藤吉郎(豊臣秀吉)が入った横山城によって連絡が遮断される。
孤立した佐和山城は、1571年2月24日に織田勢の攻撃を受け(木下藤吉郎の降伏勧告を受け入れたとも)、磯野員昌は降伏した。
この時、磯野員昌は、城を明け渡しても浅井長政のもとを訪問したようだが、人質に出していた母は処刑されるなど嫌疑を掛けられたため、やむなく織田家に下ったともされている。
織田家からは琵琶湖の西岸である近江・高島郡の新庄城を与えられ、佐和山城には丹羽長秀が入った。
浅井長政が自刃したあとの一時期、藤堂高虎が磯野員昌の家臣に加わったほか、高島郡朽木が本拠の朽木元綱を配下に加えている。

1570年5月19日に千草越えの織田信長を狙撃したあと、高島郡堀川村の阿弥陀寺に隠れていた杉谷善住坊を、1573年に磯野員昌が捕縛し織田家へ引き渡している。

その後、高島郡では織田信長の甥・津田信澄が権力を付け、磯野員昌は織田信長の意向に従わなかったところを叱責され、1578年2月3日、織田家を出奔し浪人した。(高野山に追放されたともある。)
叱責された内容は不明だが、津田信澄は磯野員昌の養子となる形で、高島郡を支配し、明智光秀の娘と結婚しているため、恐らくは津田信澄に家督を譲るよう命令されたものと推定できる。

本能寺の変にて、津田信澄は織田信孝と丹羽長秀に襲撃されて摂津・野田城にて命を落とすと、磯野員昌は高島郡に戻ったようだが、帰農したとある。
その後、1590年9月19日に死去。享年68。

嫡男・磯野行信は石田三成に見いだされ、磯野行信の長男・磯野行尚関ヶ原の戦いにて落ち延びる石田三成に最後まで従った。
磯野行信と磯野行尚は、のち藤堂高虎からの再三の要請に応じる形で仕え、1602年には磯野行信が1000石、磯野行尚は300石となっている。

大阪夏の陣では、磯野行信は旗奉行を勤め、磯野行尚は八尾・若江の戦いにて、増田盛次を討ち取る武功を挙げ1000石となっている。

佐和山城の訪問記と佐和山城の戦い【佐和山城の登山道写真】
姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
丹羽長秀~織田信長と豊臣秀吉から厚い信頼を受けた重臣
浅井長政(詳細版)~初陣で3倍の敵兵力に勝利した勇将
小谷城の訪問記と小谷城の戦い~浅井家の滅亡・浅井御殿も
安藤守就とは
津田信澄(織田信澄) 本能寺の変で運命が変わってしまった織田一族
朽木元綱とは~織田信長の退却を助けた湖西の朽木領主
藤堂高虎【詳細版】~主を7回も変えた猛将で水軍指揮も取れる築城名手

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



気になる戦国女性

  1. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  4. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  5. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…

人気の戦国武将

  1. 源頼朝(みなもと-よりとも)は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  4. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 この…
  5. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る