伊東祐親の解説 八重姫の父で源頼朝の命を狙う

伊東祐親




伊東祐親 (いとう すけちか)は、平安時代末期の武将で、伊豆の豪族・伊東祐家の子として産まれましたが、生年は不詳です。
伊東氏は、藤原鎌足から続く藤原南家(藤原不比等の長男・藤原武智麻呂)の流れをくむ工藤氏の一族で、伊東荘を本貫地としていました。
6代目の工藤祐隆(工藤家次・伊東家次・久須美入道)が、本拠だった狩野荘(狩野城)を、4男・工藤茂光(狩野茂光)に譲ると、伊豆・久須美荘(久須見荘)に入りますが、その嫡男が伊東祐親の父・伊東祐家で、伊東荘を与えられていたと言う事になります。
しかし、父・伊東祐家(いとうすけいえ)は早くに亡くなったため、工藤祐隆は、後妻の連れ子だった継娘が産んだ工藤祐継(くどうすえつぐ)を養子に迎えると嫡子とし、伊東荘を与え、後継者としました。
この養子となった工藤祐継の父は、工藤祐隆であったともされます。
その一方で、父を失い不遇となった伊東祐親も、工藤祐隆の次男扱いの養子となって、河津荘を与えられて、河津祐親(かわず すけちか)と名乗っています。
しかし、本来であれば、直系であるはずの伊東祐親(河津祐親)は、祖父に優遇された伊東祐継のことを、嫌います。
祖父・工藤祐隆(久須美入道)が死去すると、伊東祐継(工藤祐継)が家督を継ぎましたが、まもなく43歳で亡くなりました。
没した伊東祐継(工藤祐継)の子・工藤祐経・宇佐美祐茂は、まだ幼かったため、伊東祐親(河津祐親)が後見します。
工藤祐経(くどう-すけつね)は元服すると、伊東祐親の娘・万劫御前を妻に迎え、14歳になった伊東祐親と上洛して、平重盛に仕えさせました。
そして、工藤祐経が在京している間に、伊東祐親は伊東荘を奪取し、妻として送っていた万劫御前を、土肥遠平に再嫁させます。
※この土肥遠平(どい-とおひら)は、早川荘の小早川村に館を構え、のち安芸国沼田荘を得て、戦国時代に毛利家の小早川隆景の家柄となっています。
※伊東祐親の長女は、三浦義澄に嫁ぎました。


横領に気が付いた押領に気付いた工藤祐経は、京都で訴訟を訴えましたが、伊東祐親は根回して潰しました。
恨んだ工藤祐経は、1176年10月、郎党に命じて、鷹狩りに出ていた伊東祐親を襲撃させます。
伊東祐親に矢は当たりませんでしたが、そばにいた嫡男・河津祐泰に当たり命を落としました。(享年31)
河津祐泰の妻は、横山党・横山時重の娘(満江御前)で、5歳の河津十郎(河津祐成)、3歳の河津五郎(河津時致)を連れて、曾我祐信(そが すけのぶ)と再婚しています。
この2人の子である曽我祐成・蘇我時致が、のち語り継がれることになる「曾我兄弟の仇討ち」を行い、実父の仇である工藤祐経を討ち果たしたのです。

河津祐泰が討たれた5日後に生まれた末子は、弟・伊東祐清の妻(比企尼の三女)が引き取り、のち、比企尼の三女が再婚した平賀義信の養子になったともされますが、出家して律師と称していたともあります。
この末子(律師)も、曾我兄弟の仇討ちに連座し、甘縄にて処刑されることになります。

いや~、分かりにくいですね。
自分で混乱しますので、下記の通り「解説入りの伊東氏家系図」を作ってみました。
当サイトの記事中写真は、パソコンなど大きな画面でクリックしますと、拡大表示されます。

伊東氏家系図 解説付き

それはさておき、伊東祐親は、平清盛からの信頼も厚く、1159年、平治の乱に敗れ、伊豆に配流された源頼朝の監視を任されました。
源頼朝の流刑地としては、北条時政の領地である北条荘の蛭ヶ小島(ひるがこじま)が有名ですが、最初の頃は、伊東だった可能性があります。
そのためか、伊東祐親が大番役で京に3年間滞在している間、3娘の八重姫は、出仕する機会もあったのでしょう。
八重姫は、伊東の音無神社で源頼朝と密会を重ねて、子・千鶴丸を宿しました。
伊東に戻った伊東祐親は、平氏から咎められるのを恐れ、1175年9月頃、生まれた千鶴丸(千鶴御前)を松川(稚児ヶ淵・轟ヶ淵)に沈めて殺害し、さらには、源頼朝の暗殺も図りました。
しかし、次男・伊東祐清の妻は、源頼朝の乳母を務めた比企尼の三女であったため、この暗殺計画を源頼朝に知らせて、逃がせました。
源頼朝は夜、馬にて熱海の伊豆山神社に逃げ込んだほか、伊東祐親の娘の嫁ぎ先である北条時政の館にて匿われたともされます。
この前後に、伊東祐親は出家し、伊東入道と称しました。
北条時政のもとで暮らすようになった源頼朝は、北条政子と恋仲となり、1178年に大姫が産まれています。
このように、1175年以降に、源頼朝は、伊東から、北条荘の蛭ケ小島に移ったとも考えられ、流罪20年の大半は、伊東にいた可能性があります。


その後の八重姫ですが、入水自殺したとも、伊豆国目代・平兼隆(山木兼隆)の妻になったとも、北条時政の一族や、千葉氏に嫁いだともされますが、確定的なことはありません。
八重姫は、その後も源頼朝を慕い、5人の侍女と自害したともされ、伊豆の国市の山中に「女塚史跡公園」があります。

1180年8月、天野遠景、佐々木盛綱、加藤景廉らと、源頼朝が挙兵しました。
この時、工藤一族は、源頼朝と平家と、敵味方で分かれています。
次男・伊東祐清、娘婿・三浦義澄、工藤祐継の子・宇佐美祐茂は、妻の実家に当たる中村党の土肥実平、工藤茂光(狩野茂光)、北条時政、岡崎義実らは、最初から源頼朝に協力しています。
この記事の主人公である伊東祐親は、平家への忠節が厚く、大庭景親の軍勢に加わりました。
源頼朝が鎌倉を制圧する頃、関東武者の多くは源頼朝に従いましたが、それでも、伊東祐親や大庭景親は兵を率いて、平維盛の討伐軍に加わりました。
次男・伊東祐清に関しては、この時、父に従って平家側になっていたものと考えられます。
伊東祐親・伊東祐清の父子は、伊豆から船にて平維盛に合流しようとしましたが、1180年10月20日、富士川の戦いで、平氏が敗北する前日に、源氏に捕縛されました

そして、娘婿の三浦義澄に預けられ、三浦氏のもとで謹慎となり、衣笠城にて過ごしたようです。
2年後、北条政子が懐妊し、三浦義澄が助命嘆願すると「恩赦」となり、釈放される予定となりました。
しかし、伊東祐親は、かつて源頼朝と八重姫の子を殺害したことを恥じて、1182年2月15日、自刃したとされます。
伊豆が見える葉山の鐙摺城にて自害したともあり、伊東祐親の供養塚があります。


次男・伊東祐清に関しては、かつて源頼朝の命を助けた功績もあったため、逆に褒美をとの話になりました。
しかし、父が平氏側で敵として死んだ以上、恩賞を受ける事は出来ないとして、再度、平家に味方するために上洛し、その後、討死したもとされます。
別の説では、父が自刃したあとを追って、自らも死を願い、自害したともあります。
残された比丘尼の三女は、源氏一族の平賀義信と再婚し、源頼家が産まれると、姉・河越尼と共に乳母を務めています。

いずれにせよ、伊東氏(工藤氏)は、滅亡せずに一族が家名を残しました。
次男・伊東祐清の子孫・伊東祐熙は、足利尊氏から先祖代々の地である久須見・伊東・河津の地を与えられました。
戦国時代には、尾張にて伊東祐之(伊東長久)が、織田信長に仕え、伊東長実の時、備中・岡田藩1万300石となっています。

伊東祐親に横領され所領を失い、京にいた工藤祐経は、弟とされる宇佐美祐茂の戦功もあり、鎌倉へ下って源頼朝に臣従すると伊東荘を取り戻しました。
伊東祐経(工藤祐経)に武功は無かったようですが、都にて長年、平家に仕えた経験と能力を発揮して、勅使の接待などで活躍しています。
しかし、1193年5月、巻狩りの夜、宿舎で遊女らと過ごしていたところ、曽我兄弟の仇討ちにて、伊東祐経(工藤祐経)は殺害されました。


伊東祐経(工藤祐経)の遺児である伊東祐時(いとう-すけとき)は、日向の地頭職を与えられ、鎌倉幕府滅亡後、足利尊氏から命じられた伊東祐持(すけもち)が下向し、江戸時代には飫肥城にて5万3000石となっています。
また、一族からは、天正少年使節としてローマに渡った伊東マンショを輩出しています。
工藤祐経の次男・安積祐長(あずみ-すけなが)は、子孫が安積伊東氏となっています。
工藤祐経の三男・工藤祐長(くどう-すけなが)からは、伊勢の長野工藤氏と続き、一族の分部光嘉(わけべ-みつよし)が、伊勢・上野城を築城し、のち安濃津城(伊勢・津城)にて2万石となりました。

2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、伊東祐親を俳優の辻萬長さんが演じられます。

北条時政とは~伊豆韮山にある願成就院、執権・北条時政の生涯と牧の方について
源頼朝の生涯【鎌倉幕府・征夷大将軍】旧相模川橋脚も
石橋山古戦場(石橋山の戦い)【源頼朝挙兵】参加武将など合戦経緯と訪問方法(駐車場)
曽我兄弟の仇討ちの分かりやすい経緯~工藤祐経と伊東祐親の遺恨
河津城 伊豆・河津郷の河津桜を見下ろす山城
土肥実平と土肥遠平(小早川遠平)~湯河原・城願寺の土肥一族の墓
伊豆・狩野城~工藤茂光と最後の城主である狩野道一
北条政子とは【尼将軍と呼ばれた御台所】

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る