亀姫~徳川家康の長女【加納御前】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

亀姫は1560年6月4日、徳川家康の長女として、駿府にて誕生した。
母は築山御前(築山殿、瀬名姫)で、兄に松平信康がいるが、生まれた時から今川家の人質状態であった。

1562年、人質交換により母と共に岡崎城に移っている。


※上記写真は岡崎城

1573年、武田信玄が死去すると、その頃、武田勢に組していた長篠城主・奥平定能の嫡男・奥平信昌に、亀姫を与えるべしと言う織田信長の勧めもあり、徳川家康は奥平定能と奥平信昌を徳川陣営に帰参させる。

その後、1575年、長篠の戦いにて奥平信昌は劣勢ながらも長篠城を良く守り、徳川・織田の連合軍は武田勝頼に大損害を与える。
こうして、亀姫(17歳)の婚約が履行されて1575年12月22日、新城城主・奥平信昌(22歳)の正室になった。
なお、この時、徳川勢は途中で亀姫の輿が襲撃されるのを警戒して、既に亀姫は7月に藤尾某が背負って新城城に入城済であったとも伝わる。
下記の写真は、新東名の長篠設楽原PA(名古屋方面)にある奥平信昌と亀姫の人形。

ちなみに奥平貞能の娘は本多重純に入嫁しており、奥平家と徳川家の結びつきは強固なものとなった。

 スポンサーリンク


亀姫は新城城で約15年の年月を過ごし、4人の男子(奥平家昌・奥平家治・奥平忠政・奥平忠明)と1女(千姫/大久保忠常の正室)を儲ける。

1590年、豊臣秀吉小田原攻めで徳川家康が関東移封となったため、奥平家は上州の宮崎(群馬県富岡市)30000石となった。
その後、奥平信昌は初代の京都守護職も務めている。

1600年、関ヶ原の戦いのあと、1601年に奥平家は美濃加納藩10万石となり、三男・奥平忠政らと加納城にり、亀姫は加納御前・加納の方と呼ばれた。
この時、亀姫は化粧料として3000石を受けている。

なお、亀姫は嫉妬深いようで、亀姫に殺された侍女12名の霊を慰めていると伝わる十二相神が加納城近くにある。
奥平信昌に生涯側室をおいていない。

1602年に奥平信昌が隠居したのに伴い、亀姫も二の丸に移った。

その後、奥平忠政、宇都宮藩主の嫡男・奥平家昌、奥平信昌らの相次ぐ死去を受け、剃髪すると盛徳院と号し、幼くして藩主となった孫らの後見役になって、亀姫は宇都宮城に移っている。

1622年、宇都宮城主になっていた孫・松平忠昌が古河に移されると、亀姫も移ったがこの時、新しく宇都宮城主となった本多正純との間に問題が生じ、亀姫は深く本多正純を恨んだと言われる。これが、のちの宇都宮釣天井事件の引き金となり、再び松平忠昌が宇都宮城主に返り咲いた。

事件後、亀姫は加納城に戻っており、1625年5月27日、加納城にて死去。66歳。

戒名は盛徳院殿香林慈雲大姉。墓所は光國寺。

奥平定能と奥平信昌、英雄・鳥居強右衛門、長篠城の戦い
築山殿は悪女だったのか?築山御前が殺害された本当の理由とは
本多正純~吏僚としての才能を発揮し徳川幕府の為に尽くすも
徳川家康がなぜ天下を取れたのかを検証「人財智生」
連載:戦国未来の古文書お気軽読み 第1回 『以貴小伝』(その1/3)築山殿(長男・松平信康の母)
商業と文化と水の都・大阪の礎を築いた松平忠明と安井道頓
加納城の訪問記・写真集~岐阜城の代わりになった城

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…

人気の戦国武将

  1. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  2. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  3. 南渓瑞聞(なんけいたんぶん)とは、井伊谷城主・井伊直平の次男である。 生年は不明。 戦国初期…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る