八王子城の探訪記と写真集~第1章~エピローグ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 八王子城の山頂の曲輪まで訪れた際の記録を、戦国時代に八王子城を攻めた「前田利家」の視点からお伝えしてみたいと思います。全部で第4章までありますが、まずは八王子城が落城した話から・・。

 天下統一事業の最終段階として、未だ臣従しない関東の覇者・北条氏直を攻略する為、豊臣秀吉は全国の大名に陣触れを発し、1590年春に小田原城を目指した。

 一方、豊臣秀吉の攻撃をある程度予測していた北条家では、数年前より小田原城の拡大修築や八王子城、山中城韮山城などの築城・改修を進め防備を固めていた。
 しかし、豊臣の軍勢が約20万の大軍と知ると、小田原城に北条家の主だった諸将を集め、戦力となる若手中心の精鋭や領民を城内に入れて60000での籠城策を取る。
 その結果、関東の各諸城には老兵など最低限の防衛兵しか置くことができなかったが、農民も城に入れて籠城することで、各地で抵抗をすれば豊臣勢の兵力を分散もでき、兵糧の浪費も期待でき、支城の防備はこれでよかった。
 特に大軍の場合、長期戦になると「補給」が難しくなるとの計算から、北条家の作戦としては悪くは無かった。

 しかし、小田原城防衛で最も重要だった箱根の山中城が早々に陥落したのは北条家にとって大誤算で、豊臣勢は圧倒的戦力を持って破竹の勢いで4月には小田原城下に到達。
 豊臣秀吉は山中城攻略に主力の徳川家康を当てたが総大将は後継者と考えている豊臣秀次とし、徳川家康が豊臣秀次を補佐するような形で、力攻めを成功させて豊臣秀次の功績とし、対外的にも非常に満足いく結果だった。
 しかし、豊臣秀吉の戦い方は基本的に自軍の兵力被害を最小限に留める人命優先の戦い方である。
 それが故に、ほとんどの北条方の城に対しては、無理して攻めず包囲策を取った為、同時期に攻撃開始した北条氏規が守る韮山城、大道寺政繁が守る松井田城は籠城戦となった。

 スポンサーリンク


 北国軍としては上杉景勝10000、前田利家・前田利長18000、松平康国・松平康貞4000、真田信之真田幸村3000らが碓氷峠から関東に入り、3月28日から大道寺政繁が守る松井田城3000を包囲し、4月20には猛攻を加えて降伏させた。
 以後、大道寺政繁を北国軍などの道案内役も兼ねて帯同させ、北条氏邦が3000で守る鉢形城への攻撃では先鋒もさせた。
 
 垪和康忠の箕輪城岩槻城、鉢形城、武蔵松山城も降伏させると、石田三成直江兼続・真田幸村・長束正家大谷吉継・佐竹義重・宇都宮広綱・結城晴朝など20000は、成田長親ら3000が守る忍城を水攻めも開始した。
 そんな中、小田原城の守りはやはり堅固であった為、豊臣秀吉も無理はせず、石垣山城の築城を急がせ、引き続き小田原城の包囲を続けていたが、さすがに数か月もたつと士気も下がり気味となる。しかし、北条側は強硬派の北条氏照らの意見が強く、いまだ降伏する気配がなかった。

 八王子城の横川村に到着した前田利家・上杉景勝は八王子城に使者を出し「関白様の出向であり、周囲の城も明け渡れている。八王子城も早々に御渡し願いたい。さもなくば即、攻め落とす」と降伏を勧告したが、その使者は殺害されてしまう。
 その為、鉢形城攻略成功の報告と、降伏した北条氏邦を連行する為、一旦、八王子包囲から一時離脱して前田利家・上杉景勝は、小田原を訪れた。
 これまで、降伏してきた者の命は助けて来たが、豊臣秀吉から「時には皆殺しも必要だ」との言葉を受ける。それは、のち「八王子城の悲劇」とも呼ばれる、余りにも過酷な一言でもあったのだ。

 この頃の北条家の当主は北条氏直であった。しかし、父・北条氏政は健在で家督を譲っていたものの北条家内での発言力は未だ強かった。
 その北条氏政の弟が、北条家随一の戦上手であり勇猛果敢として知られる北条氏照で、北条氏照の本拠地は八王子城であった。
 しかし、八王子の守りは老齢の家老・横地吉信らに任せ、自らは精鋭10000を率いて最重要拠点の小田原城に詰めていた。
 豊臣秀吉は「北条一の弓取り」と称される、この北条氏照を一番警戒したと言われており、そんな北条氏照が築城した本拠地・八王子城への執拗な攻撃は、これまで降伏を許していた諸城とは異なり、容赦しない作戦を取り、北条氏照の威信を失墜させる狙いもあったのだ。

 → 八王子城探訪記と写真集 第2章 登城記録 に続く

 ※この内容はフィクションを含みます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  3.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…

人気の戦国武将

  1. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  2. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る