長谷川秀一~徳川家の一行を熱田まで逃がした織田家の奉行

長谷川秀一

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長谷川秀一(はせがわ-ひでかず)は、織田信長の家臣・長谷川与次の子となります。
父・長谷川与次(はせがわ-よじ)の名が見られるのは、1569年の伊勢・大河内城の戦いで、その後、数々の合戦にも出陣しています。

織田信長が1578年1月1日に開催した茶会には有力家臣12名が招待されています。
その中に、織田信忠明智光秀・羽柴秀吉・丹羽長秀などと一緒に、長谷川与次の名も見受けられるため、かなりの有力家臣であったと考えられます。

その子である、長谷川秀一は、万見重元・祝重正・菅屋長頼・矢部家定らと共に織田信長の小姓となっていますが、桶狭間の戦い以前から出仕していた可能性があります。
元服する前は、竹と呼ばれており、織田信長の男色の相手としても寵愛されたとも言われています。

1578年の有岡城の戦いで、功を焦った万見重元が討死にすると、以後、織田家の奉行衆として長谷川秀一が重要な役割を果たすようになりました。


ただし、弟の長谷川橋介(はせがわ-きょうすけ)は、織田信長から嫌われて、徳川家康を頼っており、1573年、武田信玄との三方ヶ原の戦いにて討死しています。

1580年、徳川家康高天神城を包囲している際には、猪子高就・福富秀勝・西尾吉次らと視察も行っています。

1582年、武田攻めの際には、織田信長のそばについて、菅屋長頼・堀秀政・矢部家定・福富秀勝と長谷川秀一が馬廻衆を率いました。
父の長谷川与次は織田信忠の軍勢におり、武田勝頼を滅ぼしたあと、快川紹喜恵林寺の焼き討ちにも加わっています。

織田信長が安土城に戻ると、長谷川秀一は徳川家康らを招待した席にも参加しています。
また、徳川家の皆が、堺を見物に行く際には、長谷川秀一と西尾吉次が案内役を務めたため、明智光秀謀反の本能寺の変の難を逃れました。

その後、土地に不慣れな徳川家康が三河へと逃れる際には、長谷川秀一が案内と手配を手伝い、一緒に名古屋の熱田まで行動を共にしています。

清州会議のあと、父・長谷川与次は前田玄以と共に三法師織田秀信)の傅役を務めるなど、親子で豊臣秀吉に仕えるようになっています。
柴田勝家との戦いの際には、滝川一益が籠った伊勢・峰城を長谷川秀一が攻撃しており、戦功により近江・肥田城を与えられています。
1584年、小牧・長久手の戦いで、長谷川秀一は2300を率いて参じており、最後には、日根野弘就・細川忠興・木村重茲・神子田正治らと羽柴勢の殿(しんがり)を務め、織田信雄の追撃を振り切りました。

1585年に、長谷川秀一は、越前・東郷城15万石(東郷槇山城)となっています。
その後、九州攻めにも参加し、1588年には豊臣姓を下賜されました。

1590年、小田原攻めの際には3000にて、徳川家康らと山中城の戦いにも参加しています。


1592年からの朝鮮攻めでは、5000を率いて渡海しました。
しかし、現地で病となり、1594年2月に死去したとされます。
帰国したあと、伏見城(指月伏見城)築城の奉行を務めましたが、すぐに亡くなったとする文献もあります。
なお、父・長谷川与次は越前にて健在でしたが、亡くなった長谷川秀一には子がいなかったため、家督相続は行われず、父が1600年に死去すると、所領も没収された模様です。

万見仙千代、万見重元~織田信長の有能な小姓
堀秀政~かなり有能な武将なれど注目されていないのはもったいない?
織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
明智光秀の生涯についてはこちら
長久手の戦いの「流れ」をわかりやすく解説
清須会議とは(清洲会議とは)~清洲城・織田家宿老の会議
東郷槇山城(東郷城・槇山城)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  4. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。通称は杉目御前、笑窪御…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  2. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  3. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  4. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…
  5. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る