桶狭間の戦いとは~桶狭間はこんなところだったよ~桶狭間古戦場跡


スポンサーリンク
スポンサーリンク

戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。
今川義元の大軍に、清洲城では籠城する準備を進めたようですが、1560年5月19日、朝3時頃、丸根砦と鷲津砦が攻撃を受けたとの報を受け、飛び起きた織田信長は「敦盛」を舞うと、明け方の午前4時頃に、小姓衆5騎だけを引き連れて、突然出陣しました。
朝8時頃、熱田神宮に到着すると、慌ててあとから追いかけてきた軍勢が集結し、熱田神宮にて戦勝祈願を行います。
朝10時頃、善照寺砦まで進軍し、岡部元信の鳴海城を攻撃する風に見せかけましたが、その頃には、丸根砦の織田勢500は討って出て佐久間盛重が討死。
鷲津砦では篭城するも、飯尾定宗、織田秀敏が討死し、飯尾尚清は敗走するなど、大軍を相手に状況的には織田勢が不利でした。

今川義元は午前8時頃に沓掛城を出発し、大高城の方面へ進出。丸根砦、鷲津砦を簡単に陥落したとの報告を受け、気を良くしていたと考えられます。

正午ごろ中嶋砦の佐々政次、千秋四郎らは僅か300程度をつけて、今川勢の前線である巻山・幕山の井伊直盛、高根山の松井宗信と言う主力に対して攻撃を仕掛けます。
当然、佐々政次らは壮絶な討死となりましたが、これまでの攻撃で織田勢は小勢であると、今川勢を大いに油断させる一因になったと推測します。
小勢による出撃は、今川軍の兵力分散を計り、西の山中に誘い込むための決死隊であったとも考えられます。
出仕停止処分であった前田利家も、森可成の手助けを得て、こっそり桶狭間の戦いに参加し、今川勢の首を取っています。

 スポンサーリンク


そして、偵察に出た簗田政綱の報告により、今川義元が「おけはざま山」に本陣を構えていると言う情報を得ると、善照寺砦に佐久間信盛500を配置して守らせ、織田信長は2000にて出撃しました。
今川義元は25000とも言われる大軍であったとされますが、もちろん、その全員が1箇所に集まっていた訳ではありません。
その為、桶狭間とされる地にも、あちこちに古戦場の伝承があります。
前述の通り、織田信長の作戦で大軍を分散させた事もあったと考えられます。
そして、最新の研究では、今川義元の本陣は5000程度だったと考えられています。
また、織田信長も全軍で攻撃には出ましたが、諸城ににも兵を配置していますので、突撃の部隊は2000程度と言う事になります。

13時頃には、視界を妨げるほどの豪雨が降りました。「信長公記」では「石水混じり」と記載されているため「ヒョウ」が降った可能性もあります。
織田信長は佐々政次、千秋四郎らが今川勢の主力に決死の攻撃を行っているあいだ、そして、この視界が悪い豪雨に乗じて、森可成、河尻秀隆柴田勝家、長谷川橋介、林秀貞、佐々成政金森長近池田恒興、佐脇藤八、毛利秀頼、岩室重休、簗田政綱ら2000の兵を率いて急ぎ進めました。

今までの説では、迂回して今川義元を襲ったともあります。
しかし、恐らくは豪雨の視界が悪い中、今川勢に悟られないよう砦疾風の如く駆け抜けると、善照寺からほぼ最短距離で釜ヶ谷に到達し、雨が止むのを待ちました。
釜ヶ谷はおけはざま山のすぐ北側で、現在の名古屋短大の辺りですね。
そして、横槍を入れる形で今川義元の陣を側面攻撃したと推測します。

桶狭間の戦い布陣図
※各写真はクリックすると拡大します。

雨が止んだ直後の14時頃、今川義元の本陣に攻撃を行います。
今川義元は輿を捨てて、300騎の親衛隊に守られながら騎馬で退却しようとしましたが、周囲の兵は織田信長の馬廻部隊に殲滅されます。
服部一忠が今川義元を最初に襲いましたが返り討ちにされ、その時、一緒にいた毛利良勝が今川義元の首を取りました。
「改正三河後風土記けによると、今川義元はこの時、毛利良勝の左指を喰い切ったとされています。

今川勢は、松井宗信、久野元宗、井伊直盛、由比正信、一宮宗是、蒲原氏徳などの有力武将も討死し、残った諸隊は駿河へと退却しました。
井伊直盛と言う武将は井伊谷城主で、2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主・直虎」の井伊直虎の父にあたります。

大高城を守備していた松平元康(徳川家康)も戦場を離れ、大樹寺を経由して、今川家臣・山田景隆が捨てて逃げた岡崎城を奪取しました。

桶狭間の戦い

桶狭間の戦いで、今川義元が討たれた場所と言うのは、豊明市などにも伝承がいくつかあります。
おけはざま山とある場所で、最も有力視されているのが、桶狭間古戦場公園の東側の丘で、釜ヶ谷のすぐ南です。
今川本隊は、東へ逃れた者も多かったようですが、今川義元は西の大高城に逃げようとしたようですので、そうすると名古屋市側の桶狭間古戦場公園辺りで討たれた可能性もあります。

しかし、織田信長の2000は、もしかしたら、当初は、今川勢の後方をかく乱して、形勢逆転を狙って出撃しただけだったのかも知れません。
おけはざま山に行ってみると、たまたま今川義元がいて、討ち取ったと言う経緯になったとも考えられます。
もっとも、今川義元は昼頃に昼食を取り、その後13時頃から1時間、大雨が降ったため、移動するをせず、午前中に偵察した簗田政綱の報告地と、ほぼ変わらない場所に14時になってもまだいたとも推測されます。

織田勢の大勝利は、天候の運にも助けられた、大変きわどい勝利であり、織田信長は以降、このような同じ戦法は取っていません。
すなわち、かなり危険な賭けでもあった事を示しており、かなりの強運が働いた大勝利と言う事で、織田信長は熱田神宮に感謝し、現存する信長塀を寄進しました。
 
信長塀(のぶながべい)

桶狭間古戦場跡

今回は旅の中で2010年に整備された「桶狭間古戦場公園」に寄ってみました。

桶狭間古戦場公園

駐車場はないので、隣のホームセンターでジュースを購入するついでと言う事で、駐車させて頂きました。
地図のポイント地点が、その駐車場の入口付近です。

桶狭間古戦場公園の銅像

桶狭間の駿公墓碣

上記は、今川義元の墓で、桶狭間古戦場公園内にあります。
駿公墓碣(すんこうぼけつ)と言う、田楽坪のねず塚から出土した、建立年不明の墓碑です。隣には昭和8年に建立された墓碑も並びます。

桶狭間古戦場公園

桶狭間古戦場公園

桶狭間古戦場公園

大高城、鳴海城と言い、本当であれば2日間くらいかけて、じっくり周りたい桶狭間の戦いの地ですが、関東からですとなかなか・・。
皆様からの情報提供なども是非コメント欄にお寄せ願えますと幸いに存じます。

服部一忠(服部小平太)~桶狭間にて今川義元に一番槍をつけるも豊臣秀次事件に連座した運命
毛利新助(毛利良勝)と毛利長秀(毛利秀頼)とは 織田家の毛利さん
忠義の士である岡部元信と岡部正綱とは~出世した岡部長盛も
今川義元は領国経営に優れた優秀な戦国大名だった
井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師のまとめ【2017年大河ドラマ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. 一度緑区説の方でボランティアガイドさんつき桶狭間ウォーキングツアーに行きましたが、解説は豊明にはこれはないとか、豊明には・・が多くて敵意識満々の解説には驚きました。また私は、信長塀のある熱田神宮で結婚式をあげました。結婚式を挙げた人とその列席者しか見れない樹齢1000年くらいのスギの木があったりして列席してくれた方や私立ちも大満足な結婚式をあげられました。また熱田神宮の本殿の中まで入って参拝できたのも、本当にいい思い出です。

    • 高田哲也
    • 2015年 5月 08日

    寺田さま、いつもコメントありがとうございます。
    名古屋市緑区は一生懸命、桶狭間の地であると施設を作って優位性を維持しようとしているなと感じます。
    豊明市も頑張らないとね~と思いますが、名古屋は色々とあって、本当に面白いですね。日数を掛けて周りたいと本当に思います。

    熱田神宮ではちょうど、みなも神殿?から出てきた結婚式の参列(参進と言うのかな?)に出会いました。
    私は東京の原宿で安上がりに披露宴などしてしまいましたので、名古屋は派手だからな~と思いながらと拝見させて頂きました。
    でも、まさか寺田様ご夫妻も熱田神宮で三三九度を挙げたとは思いもよらなかったです。さすがですね。(^-^)
    聞くところによると、熱田神宮の中に会場が3箇所くらいあるんですよね?
    予約取るのも大変だったのではないですか?

    • しげ
    • 2015年 7月 12日

    尾張を素通りしなかった理由や、東海一の弓取りとまで言われた今川義元がなぜ油断したかなど
    様々な謎が残りますね。

    義元の教育役と言われていた太原雪斎が死亡し、補佐が受けられなかったことが原因のひとつと考えていますが
    ちょうど今川義元と太原雪斎とのことを書いた本を購入しましたので読み終わりましたらまた改めてコメント差し上げたいと思います。

    • 高田哲也
    • 2015年 7月 13日

    しげさん、いつもコメントありがとうございます。
    今川義元、本当にどうして油断してしまったのでしょうね?
    まぁ、そのお蔭で織田信長もあれだけの活躍する武将になった訳ですが・・。
    それでは、また~。(*^^*)

    • ひまなむじんくん
    • 2015年 8月 03日

    尾張は入手すべき場所であったからでしょう。
    敵国を無視して京都にただ進んで行っても途中で物資が無くなって終わりです。下手すれば本国が誰かに奪われて終了です。

    • 高田哲也
    • 2015年 8月 03日

    ひまなむじんくんさま、貴重なご意見ありがとうございます。ご指摘の通り、補給と言う点でも、尾張は必要ですね。

    • みぽり
    • 2016年 4月 27日

    初めまして。
    毎晩、熟読させていただいています。
    40半ばをこえ、今頃ながら戦国時代にはまり夜な夜な学ばさせていただいている主婦です。
    名古屋まで高速で20分の所に住んでいながらなかなか行くことのできない地を、自分で訪れてきたかのような満足感。
    ありがとうございます!

    • 高田哲也
    • 2016年 4月 27日

    みぽりさま、お忙しい中、ご高覧賜りまして、誠にありがとうございます。
    まだまだ足りない部分がございますので、お恥ずかしい限りです。
    本日は、郡上八幡城などをUP致しました。
    小牧・長久手もまだ、しっかりと行けていませんので、名古屋も課題が多いのですが、頑張りたいと存じております。
    この度は、コメントありがとうございました。

    • かつなりくん
    • 2017年 1月 06日

    はじめまして。

    井伊直盛について調べていたら、このページに辿り着きました。
    大高城址から車で10分ほどの距離に住んでいる愛知県民です。

    昔から日本史が大好きで、
    丸根砦、鷲津砦、桶狭間古戦場跡は行きましたが、
    善照寺砦や大高城址は、未だに場所がわからず辿り着けておりません。

    地元の方かと思って読んでおりましたら、
    関東からこちらへいらっしゃっていたんですね。

    名古屋には色々な史跡があると、
    県外の方に仰っていただき、
    改めて地元の史跡巡りをしてみたいなと思いました。

    長文すみません。
    ありがとうございました。

    • 高田哲也
    • 2017年 1月 06日

    かつなりくんさま、この度はコメント誠にありがとうございます。
    チャンスがあれば今月も名古屋行きたいと存じておりますが、遠いので愛知もまだまだ訪れきれていないところがたくさんあります。
    色々と、ご教授賜りますと幸いです。
    コメントありがとうございました。(^-^)

    • 白井光陽
    • 2017年 5月 02日

    調べ物をしていてこのページに辿り着きました。

    今川義元、不思議な武将ですね、読ませていただいて不運としか言いようのない人生ですね、

    あの徳川家康を人質にして居た武将なんてこの人ぐらいなもんですもんね、

    今川義元に興味が出てきました、ありがとうございます

  1. 2015年 5月 12日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。父は小谷城主・…

人気の戦国武将

  1.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。今川義元の大軍に、…
  3. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る