おつやの方と秋山虎繁(秋山信友)~織田家に処刑された命運


スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任)の子として1527年に生まれた。

なお、秋山虎繁はちょっと前までは秋山信友(あきやま-のぶとも)と呼ばれていたが、近年の研究にて実名(本名)が判明し、現在では秋山虎繁と記載されることが多い。

1541年に16歳で元服すると、翌年、22歳の武田晴信の近習として諏訪攻めに参加した。
これが初陣であったが、安国寺の戦いで活躍。

1547年には、福与城攻めでも功をあげ、50騎の侍大将となった。

 スポンサーリンク


1553年4月、真田幸隆の調略により、村上義清の葛尾城が自落すると、秋山虎繁(秋山信友)が葛尾城主となり、戦後処理を行っている

1554年、伊那で知久・座光寺らの反乱が起こり、神之峰城の戦いで鎮圧すると、武田信玄より伊那郡も支配を任せれた。
秋山虎繁(秋山善右衛門尉)は大島城(長野県松川町)へ入り、室住虎光(諸角虎定)と共に大島城を改修している。

そして、郡代として秋山虎繁(秋山信友)は飯田城主となり、室住虎光(諸角虎定)は大島城主となったようだが、1561年、第4次川中島の戦いにて室住虎光(諸角虎定)は討死してしまう。

なお、秋山虎繁(秋山信友)は伊那の拠点として、高遠城も整備すると、1562年に武田勝頼が高遠城主となったが、遠山直廉を支援するため、美濃苗木城(岐阜県中津川市)に在番していた時期もあったようで、伊那郡の支配だけでなく、美濃・遠江・三河方面の軍事・外交にも携わった。

1565年、金山城主・森可成と米田城主・肥田玄蕃允を攻撃したあとである、尾張の織田信長武田信玄との同盟交渉でも岐阜城へ赴くなど尽力した。
この時、織田勢に寝返っていた遠山直廉の娘(龍勝院)が織田信長の養女となり、武田勝頼の正室となった。

1565年頃には秋山伯耆守を受領。
1567年に成立した、武田信玄の娘・松姫と、織田信長の嫡男・織田信忠との婚約が成立した際には、秋山虎繁(秋山信友)(41歳)が結納の返礼使者として岐阜城へ赴いている。

1571年2月には、大島城の普請を命じた記録がある。
また、三河の田峯城菅沼定忠を攻めて武田家に臣従させたともある。

1572年10月、武田信玄が西上作戦を開始すると、秋山虎繁(秋山信友)と山県昌景と別働隊として3000にて奥三河へ侵攻し、田峯城主・菅沼定忠、作手城主・奥平貞勝、長篠城主・菅沼正貞らを武田家に臣従させた。
そして、岩村城主の遠山景任が病いで亡くなったあと、女城主として未亡人・おつやの方が指揮を執っていた岩村城を包囲して10月に降伏させた。

おつやの方

おつやの方(おつやのかた)は、勝幡城主・織田信定の娘で、岩村殿、修理夫人、お直の方、岩村御前とも呼ばれ、織田信長の叔母にあたる女性だ。
時期は不明だが、岩村城主・遠山景任に嫁ついだ。
しかし、子供には恵まれなかったようで、野戦の傷が元で1572年5月に遠山景任が病死すると、織田信長は跡目として5男・御坊丸(織田勝長)(6歳?)を送り込み、おつやの方は養嗣子とした。

武田信玄の西上作戦にて、秋山虎繁(秋山信友)が岩村城が包囲し降伏した際には、御坊丸は捕虜となって甲府に送られ、11月14日に武田勢が岩村城に入った。
また、おつやの方が秋山虎繁(秋山信友)と再婚すると言う条件も和議には含まれており、岩村城には下条信氏が入ったようだ。

このおつやの方の寝返りに反発した飯羽間城主・遠山友信、明知城主・遠山景行らが、1572年12月に上村合戦にもなったが、秋山虎繁(秋山信友)が撃退している。

なお、武田信玄が浜松城を素通りして、西へと向かったのは、おつやの方が武田に屈したため、三河から東美濃を攻めようと考えたとも言われているが、その途中、12月22日に三方ヶ原の戦いとなり、武田信玄は徳川家康を破った。
このとき、山県昌景と徳川家康を散々に追い回し「さても信友、武田の猛牛に似たる恐ろしき男ぞ」と評されている。

1573年3月6日、秋山虎繁(秋山信友)が座光寺以下の350騎にて岩村城主となり(大島城代も兼任)、この時、正式におつやの方(岩村殿)との婚儀が行われたものと推測されている。
※実際には、おつやの方と結婚しなかったとも言われている。
しかし、武田勢は野田城を落としたところで撤退し、武田信玄は4月12日に駒場で病死した。

1575年5月21日、長篠の戦いで武田勝頼が大敗すると、織田信長・徳川家康は奥三河の諸城を攻撃し、岩村城は織田信忠(19歳)の軍勢20000に包囲されると秋山虎繁(秋山信友)は比高140mで難攻不落の岩村城に籠城し、甲府に援軍を要請。
長篠での大敗のあと、ようやく体制を整えた武田勝頼が出陣したのは5ヶ月後であり、その出陣を知った織田信忠は岩村城への攻勢を強めた。
そのため、兵糧も尽きかけた秋山虎繁(秋山信友)は11月10日に、織田信忠の本陣がある水精山(水晶山)に夜襲を掛けるも、河尻秀隆・毛利秀頼・浅野左近・猿荻甚太郎らに撃退され、大将格21名、兵1100を失った。
万策尽きた秋山虎繁(秋山信友)は、塚本小大膳の仲介にて、城兵の助命を条件に降伏し、11月21日、岩村城を開城した。

降伏の際には、秋山虎繁(秋山信友)の助命も約束されていたが、織田信長はこれを翻し、城兵を殺害して、秋山虎繁(秋山信友)や、おつやの方、大島某、座光寺為清ら5名を岐阜城に連行した。
そして、長良川河川敷で逆さ磔となり処刑されている。

理由としては、長篠城主・奥平信昌が徳川家康に寝返った際、武田勝頼が甲府で人質に取っていた奥平信昌の妻?らを磔にしたので、その報復だとされている。

秋山虎繁(秋山信友)は享年49。
おつやの方は、生年が不明なため、享年は不明だが、織田信長が自ら手で処刑したとも言われている。

秋山氏の菩提寺は清運寺。
秋山虎繁の墓は、岩村町の妙法寺と、塩山の恵林寺境内にある。

その後、岩村城は河尻秀隆が城主となり、現在の城郭に改修した。

山県昌景~武田家を支えた重臣
長篠の戦い(設楽原の戦い)考察と訪問記・戦跡・史跡・場所・写真・地図
菅沼定忠と田峯城の復元された本丸御殿と武田勝頼が逃れた武節城~菅沼定利も
織田信忠~本能寺の変に散った26歳の命
武田氏滅亡と武田勝頼・天目山の戦いと小山田氏滅亡

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  3.  お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  3. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る