葛山城と北条氏や武田氏にも深くかかわった葛山氏一族の栄華


スポンサーリンク
スポンサーリンク

葛山氏(かつらやまし)は、駿河・駿河郡の古い土豪である駿河大森氏の庶流となります。
甲駿の国司(行政官)となっており、石橋山の戦いでも源頼朝に味方した鎌倉幕府の御家人としては、1189年に奥州討伐に参加している葛山惟重がおります。
1221年の承久の乱(じょうきゅうのらん)では、討死した武将に、葛山広重・葛山家重と言う名があり、駿河葛山氏の祖ともされています。
また、宇治合戦では葛山惟宗が敵将1人を討ち取ったとあります。

その後、葛山景倫(かずらやま-かげとも、葛山五郎景倫)と言う御家人が3代将軍・源実朝の命にて、宋に渡る予定でしたが、渡航直前で源実朝が公暁によって暗殺されてしまう事件が起こります。
この時、葛山景倫は宋へ渡航するため、紀伊の由良荘(和歌山県)へ出向いていたともされ、悲報を聞くと菩提を弔う為に高野山に入りました。
そして、真言宗・禅定院の退耕行勇(たいこう-ぎょうゆう)のもとで出家し「願性」(がんしょう)と称していますので、葛山景倫は願性と言う名の方が良く知れ渡ります。
この退耕行勇は相模出身の僧で鎌倉寿福寺で修行したあと、源実朝の菩提を弔うための高野山・金剛三昧院(こんごうさんまいいん)を開いたと言う高僧でもあります。

 スポンサーリンク


のち、願性(葛山景倫)は、北条政子より忠誠心を称えられ、紀伊・由良荘の地頭職を授かり、引き続き源実朝の菩提を弔うと、のち高野山・金剛三昧院の別当になりました。
1227年には、所領の由良に西方寺(のちの興国寺)も創建しましたが、1263年(建治(けんじ)2年)4月23日に願性(葛山景倫)は死去しています。

ちなみに、創建した西方寺は、宋から日本に戻った心地覚心と、親交もあった事から1258年に住職に迎えています。
その弟子のひとりである虚竹禅師(寄竹)が宋から持ち込んだのが「尺八」で、演奏も得意だったことから、日本に尺八が広まったと言われています。
また、宋から味噌の製法が伝わり、醤油が誕生する発端となったのも西方寺(のちの興国寺)です。

1351年には、葛山惟春が新田義貞に協力して鎌倉を攻めました。

葛山氏は庶流も多いので、どの一族かは詳しく調べる必要がありますが、鎌倉幕府の末期には執権・北条家の家臣として高い地位にあり、室町幕府の時には奉公衆(将軍の直臣)にも名を連ねています。葛山兵庫助、葛山源次六と言う名も出てきます。

葛山備中守と代々称している千福城の葛山家も葛山一族と考えられますが、足利政知が堀越公方として伊豆・韮山に入ると、葛山備中守春吉が堀越公方の影響下となります。
この葛山春吉は葛山氏堯と同一人物とも考えられており、1489年に伊勢長氏(北条早雲)を娘婿に迎えたともありますが、この部分は更なる調査が求められそうです。
実際には、側室として葛山館主・葛山推方の娘(善修寺殿)が、北条早雲に嫁いだと考えるのが妥当なような気がいたします。
そして、興国寺主・伊勢新九郎(伊勢宗瑞、北条早雲)が堀越公方を滅ぼす際に、今川氏親が援軍を出していますが、その中に葛山春吉や葛山推方・葛山推貞もいたようで、以後、葛山氏は北条早雲の伊豆・相模平定にも協力することになりました。
これは、戦国大名になるべく駆け出した北条早雲にとって、最初の頃の有力な支援者だったのが葛山氏と言う事になり、葛山推方の娘は、のち小田原・北条氏を5代・北条氏直(北條氏直)まで全ての当主を支えた北条幻庵を1493年に生んでいます。
1503年には北条早雲に従って、籠坂峠の戦い(梨木平の戦い)に小山田勢と戦い、葛山孫四郎が籠坂の南麓・梨木平にて亡くなったほか、1514年には今川氏親の求めに応じて、朝比奈氏・庵原氏・福島氏らと甲斐に出陣もしていますが、葛山家は北条家から次第に今川家の圧迫も受けていたようです。
しかし、郡内・小山田氏のように独立性も主張する領主(半独立)だったようにも感じとれ、北条・今川・武田に挟まれていると言う厳しい舵取りを強いられていたとも感じます。

葛山氏広とは

葛山氏広(かつらやま-うじひろ)は、その北条幻庵の弟?、又は・北条氏時の子など諸説ありますが、葛山推方の娘が産んだ男子であるとも言われており、のち葛山城主・葛山春吉の養子となって1516年に葛山家の家督を継ぎました。

また、諸説あり、伊勢新九郎(北条早雲)の2男である北条氏時(北條氏時)が、葛山維貞の養子となり葛山備中守氏時と名乗ったともあるほか、北条氏時が養子になって葛山氏尭と名乗ったともあり、不明な点が多いです。

葛山氏広としては、1524年1月に、家臣の関孫九郎に対して所領を与える書状が初見です。
しかし、1519年に北条早雲が没したあと、今川氏親に押されて葛山氏は今川家に臣従しており、駿府・今川館近くには葛山氏広も屋敷を与えられていました。

1526年には、北条氏綱に従うと籠坂峠の戦いにて、武田信虎と戦ったようですが、この前後に養子の葛山氏広が北条氏綱の娘「ちよ」を迎えたようです。

その後、今川義元の代となり、甲斐の武田信虎と甲駿同盟が成立します。
これを元今川家臣の北条綱成が1536年2月下旬に駿東に侵攻し「河東の乱」(かとうのらん)となりますが、今川家の元家臣と言う立場でもあった小田原城主・北条氏綱は、その主従関係からの脱却を図ったと言えるでしょう。
この時も、葛山氏広は北条氏綱に協力していますが、1538年9月には病が重くなっていたようで、1539年4月までの間に死去しました。

その為、葛山貞氏の子である葛山氏元が葛山氏広の養子となり家督を継ぎます。

葛山氏元とは

葛山氏元(かつらやま-うじもと)は1520年生まれで、前述のとおり葛山貞氏の子でしたが、葛山氏広の養子となりました。

先の記述どおり葛山氏元(葛山備中守氏元)の正室として、北条氏綱の娘である「ちよ」が葛山館に入っています。

1536年、花倉の乱では、今川義元に協力したため、18貫文の加増を受けています。

1545年7月、北条長綱(北条幻庵)や清水康英が守備する長久保城を今川義元が攻めた際には、葛山氏元も北条勢として戦いました。
しかし、河越城の戦いにて苦境に陥った北条氏綱は、武田晴信(武田信玄)の仲介を受けて長久保城を今川家に明け渡す判断をし、駿東からの撤退を決めます。
すると宙に浮いた葛山氏は、再び今川氏に臣従しました。

1546年には、後藤修理助に対して葛山氏元が沢田郷(沼津市沢田)の安堵状を出しています。
なお、植松藤太郎、植松京亮、町田郷左衛門、町田甚十郎、橋本内三、富永河内守ら葛山家臣の名も見られる。

なお、1553年には葛山綱春と言う武将が要害を構えたともありますが、こちらは葛山備中守春吉の系列と推測致します。

1559年、今川義元が織田信長攻略の為、尾張に笠寺砦を築くと、葛山備中守勝善と葛山播磨守信貞が守将となったとありますが、葛山播磨守信貞は別の人物だった可能性も否定できません。+

1560年5月、桶狭間の戦いにて、葛山氏元・葛山元信・葛山勝吉らは5000を率いて清洲城方面に進出していましたが、今川義元が倒れます。
桶狭間の戦いでは、葛山長嘉(葛山播磨守長嘉、葛山長義、葛山長吉)と言う、今川軍の後陣旗頭であった武将と、葛山元清(葛山安房守元清)も討死したようです。

その後、今川氏真と武田信玄の関係が悪化し、1567年には今川氏真の命にて甲斐への塩止めを行いました。
葛山氏元は竹之下の鈴木若狭守、神山の武藤新左衛門尉、ぐみ沢の芹澤玄蕃允に対して8月17日に塩留の指示を出しています。

1568年12月6日に武田勢が駿河へ侵攻を開始し、今川氏真は掛川城へと逃れ、駿府は武田家が占拠しました。
この時、武田から調略を受けていた瀬名信輝、朝比奈政貞、三浦義鏡ら21名の今川家臣の中に、葛山氏元の名もあります。

そして、1569年2月1日には、穴山信君と共に駿河・大宮城を攻めましたが、北条氏康の援軍もあり富士信忠に撃退されています。
また、正確な時期は不明ですが、武田信玄が蒲原城を攻撃した際にも葛山氏元が先鋒を務めています。
この時、北条勢は背後を襲って興国寺城、葛山城、深沢城などを奪っており、葛山氏元らは所領を失い甲斐へと落ち延びました。

その後、7月に武田信玄が大軍を率いて御殿場から駿河へ入ると、深沢城は落とせませんでしたが、大宮城を開城させて甲斐へと戻っています。
そして、北条氏康の目を駿河ではなく関東の防衛に注目させるため、武田信玄は9月に碓氷峠を越えて関東へ侵攻し、10月1日には小田原城を包囲します。
こうして、10月8日には三増峠の戦いとなった訳です。

甲斐に戻った武田信玄は、すかさず再び駿河侵攻を行い蒲原城は落城させて年を越すと、1570年1月に花沢城と、徳一色城を落城させています。
駿府を掌握しますが、興国寺城などは依然として北条家の支配下でした。
8月には興国寺城と韮山城を攻撃するも落とせず、再び、1570年12月、武田信玄は興国寺城を抑えて、深沢城を包囲すると、1571年1月16日に深沢城主・北条綱成が降伏し、駿東から北条家は撤退することになりました。
これ以降、北条家の防衛ラインは、垪和氏続を興国寺城に入れて吐出する形で、韮山城、山中城足柄城河村城となっています。

その時、葛山城も武田の支配下となったようで葛山領が葛山氏元に戻されたようです。
ただし、葛山氏元は葛山城に入ることなく甲斐に置かれたようで、武田信玄は六男・武田信貞を葛山氏元の次女・おふちと結婚させて、婿養子として送り、葛山家の名跡を継がせました。
これは、諏訪家には武田勝頼、仁科家には仁科盛信を入れたのと同じですので、葛山家もそれだけ重要視されている家柄・土地柄であったと言う事だと言えます。

また、他の話では、葛山氏元が武田に臣従した際に、娘2人が武田の人質となっており、そのうちの長女?が「葛山姓を残したい」武田信玄に訴えたことから、実子に跡を継がせる事にしたと言うような逸話もありますが、真偽のほどは不明です。

葛山信貞とは

葛山信貞(かつらやま-のぶさだ)は、前述のとおり武田信玄の6男とされており、母は側室の油川夫人とされています。
生年は不明ですが、1559年にて既に生まれていたようで、その1559年生まれと仮定すると、葛山家の家督を継いだ時は僅か12歳となります。

その為か、葛山領にて発給されている文書の多くも武田信玄の名で出されており、葛山城代としては、葛山一族で前から武田家に仕えていた御宿友綱(みしゅく-ともつな、御宿監物)が陣代(後見人)として入っていたと考えられています。

なお、先代・葛山氏元の方はこの処遇に不満を持っていたようで、1573年頃に謀反の疑いを掛けられて幽閉先の諏訪にて処刑されたと伝わります。

武田勝頼の代になっても、葛山領では武田勝頼の判物が多く、1577年の葛山勢は陣代として御宿友綱が率いているため、葛山信貞は引き続き甲斐に滞在していたと推定されています。

しかし、甲陽軍鑑では、葛山信貞は御親類衆として120騎とありますので、相当な軍勢を誇っていますし、恵林寺での武田信玄の葬儀の際には、仁科盛信に次いで3番目に名があり、位牌を持ったとされています。

そんな葛山信貞でしたが、1582年、織田信忠の軍勢が甲斐へ侵攻すると、甲斐・善光寺にて自刃して果て、葛山氏は滅亡しました。(小山田信茂と一緒に処刑されたともあります。)
1559年生まれだと仮定すると、享年24となります。

以上、葛山氏についても不明瞭な点が多く、今後の研究で新たな発見が出て来る事を期待せずにいられません。

御宿友綱と御宿勘兵衛の活躍と駿河・千福城

駿河・葛山城

駿河・葛山城は、かつらやまとも言いますが、地元では「かずらやま」と呼ばれている山城で、標高270m、比高69m(仙年寺の水堀と)です。

築城年は不明ですが、古くから在地している豪族・葛山氏によって詰めの城として築かれたと考えるのが妥当でしょう。
葛山氏は藤原鎌足を先祖に持つ藤原北家大森氏(駿河大森氏)から、大沼氏・河合氏・菅沼氏・神山氏・沓間氏などと共に駿河大森から別れた庶流です。
駿河郡大森(裾野市)は、大森姓のルーツでもあります。

平安時代末期に甲斐・駿河の国司となった藤原惟康(大森惟康)の次男・鮎沢惟兼が駿東郡葛山に住んで、葛山惟兼と名乗ったことに始まります。
駿河大森氏はその後、大森頼春が上杉禅秀の乱の鎮圧に功績をあげ、扇谷上杉家の重臣として伊勢原に移ります。
1486年、太田道灌の亡きあとは大森氏頼が上杉定正の第一の家臣となり、小田原城を整備し、のちには小田原城主・大森藤頼などが知られますが、1500年頃に北条早雲に小田原城を奪われ、没落しています。

なお、現在にも残る葛山城の二重堀切や竪堀などは、武田時代に修繕されたものとなります。

晴れていれば富士山がとても綺麗に望めた場所でもあったと思いますが、現在は木々が高くなってしまい、富士山のてっぺんがちょっと見えるくらいだけになってしまっています。
とは言え、鎌倉時代から戦国時代へと名門を繋いだ葛山氏や家臣らは、この葛山から贅沢な眺めを見ては、どのような思いをはせていたのでしょう?

決して派手な山城ではありませんが、遺構はとても良く保存されているだけでなく、歩きやすいよう、見やすいよう整備されており、お勧めできる山城です。

大手は尾根の東先端ですが、葛山館の北になる仙年寺から登城するのが一般的で、山頂部まで5分~10分と近いです。

葛山城は地元の保存会の方々が毎週手入れなさっている整備された史跡であり、非常にありがたく見学する事ができますので、もちろんゴミなど散らかさないように感謝しつつ見学したいところです。

毎度ですが、各写真はパソコン・タブレットの場合、クリックすると「拡大」致します。

大手口となる東の尾根先にも地元の方のご協力によって1~2台の駐車場が設けられましたが、大きな車では転回など困難です。
そのため、仙年寺の南にある葛山集会所の駐車場がメインとなります。
登山道は仙年寺・本堂の左脇から奥の階段を登って行きます。その途中に葛山氏代々の墓所があります。
下記の地図ポイント地点がその駐車場の場所となり、お寺さんのトイレも集会所脇にあります。

地図は縮尺を変えて、ご覧願います。
ちなみに、長野・善光寺の北西にも葛山城がありますが、そちらは上杉謙信の葛山衆となります。

JR御殿場線の岩波駅から歩くと、麓まで約2.6km、徒歩33分となります。

あと、いくつか撮影した写真を掲載し、最後には甲冑武者の雄姿もご紹介させて頂きたく存じます。

山城の多くでは木々まで伐採しているところは少ないですが、葛山城は保存会の方が伐採もしており、山城の素肌が良く分かりイメージがつかみやすいです。

仙年寺と葛山氏墓所

裾野市の仙年寺(せんねんじ)は「日富山常光院仙年寺」と言い、800年頃に創建されたと伝わる真言宗の寺院です。
その後、葛山氏が浄土宗を信仰すると、葛山惟信のとき1358年に浄土宗へと改宗されました。
この葛山惟信は、1362年に伊豆の畠山氏とも戦っています。

仙年寺はもともと、上城より愛鷹山中へ上がった所にあったそうですが、1384年に葛山惟信が現在地に建物を新しく作って移転させたと伝わります。

重厚な仙年寺の山門は、かつて葛山館にあった門を移築したものではないかと言われています。

寺の奥には葛山城へ登れる遊歩道が整備されており、墓地から一段上がったところには葛山氏歴代の墓もあります。

葛山氏墓所は、中央に大きな五輪塔とその左右に8基づつの宝篋印塔や五輪塔がありますが、もとは別の場所にあったものを後年にまとめたと考えて良いでしょう。

門扉には丸に武田菱の紋が刻まれているので、最後の当主・葛山信貞(武田信玄の子)の事が意識されているようです。

古い宝篋印塔では1389年、1392年のものもあると言う事で、かなり古い部類の墓が残されているのも非常に珍しいです。

毎年10月最後の日曜日には「もののふの里・葛山まつり」が開催されます。

仙年寺の駐車場付近は、かつては水堀だったようです。

当然、平地にある「たんぼ」も堀と同じ役割りを果たしていたものと推測できます。

葛山氏館跡

葛山氏館跡は鎌倉時代に作られた武家屋敷の特徴が豊かな単濠単郭式の方形館です。

葛山館の大手門跡は東北隅と推定されているそうで、土塁や水堀もあり、敷地内には井戸が2箇所あったそうです。

葛山館跡の西側には葛山家の四天王と伝えられる重臣、半田氏屋敷跡、荻田氏屋敷跡と続いています。
領主の館跡の西隣が半田屋敷で、その更に隣が荻田屋敷と、鎌倉期の屋敷がこのように「並んでいた」と言うのが、現在でも確認できるのは、私も色々とこれまで見て参りましたが、記憶にありません。
領主の屋敷跡とそれに並ぶ重臣の屋敷としては歴史的な見地も高く、国指定になっても良いのではと感じずにいられません。
同じ重臣の岡村屋敷跡は一部が水田になったり改良されてしまったり、仙年寺の東側にあった古池屋敷跡は失われていますので、是非、土地の改変などなく、後世に残る事を願う次第です。

半田屋敷跡などには、今でも半田さんがお住まいのようですので「跡」と呼ぶのは失礼かも知れません。
現在、中村集会所がある場所も重臣の屋敷跡と推定されているそうです。

詰めの城が葛山城と言う事になりますので、居館と要害がセットである「根古屋式城郭」と言えます。

なお、このような館跡もきちんと残されているのは、大変貴重でイメージも湧きますし、非常に嬉しく感じます。

葛山かくれ城(葛山古城)

葛山城から更に2.4kmくらい、谷の奥へと入った山乃神社から登った標高480m付近に葛山かくれ城(大洞城)があります。
最初の築城は南北朝時代とされ、葛山古城とも呼ばれており、尾根には堀などが残されているそうです。

なお、城の腰部分は、武田による改良技術も見受けられるとの事です。
今回、せめて登山口となる山乃神社だけでも撮影しようかと挑みましたが、途中から「私道により進入禁止」と言う事で「柵」があり進めませんでしたので、上記の遠景だけ掲載させて頂きます。

葛山城保存会の皆様と甲冑武者

今回、いつも大変お世話になっているSacTの大将・加藤殿が葛山城に出陣すると伺い、ご許可を賜りまして、葛山城へ同行させて頂きました。
その際に、現地の葛山城保存会の3名様による、城域のご解説も大変丁寧に賜りまして、有意義に過ごす事ができ感激致しました次第ですが、その時の写真をありがたく下記に掲載させて頂きます。(小生は写っていませんので、念のため記載しておきます。)

葛山城保存会の副会長様を初め皆さま、お忙しい中、本当にありがとうございました。

下記は山本勘助殿と武田信玄殿となります。

甲冑を自分で作ったり、このように着たりしてイベント(お祭りなど)に出たいと言う意気込みのある方は、Facebookの方からその旨ご連絡賜れば、ご紹介もさせて頂きます。
主に神奈川県と静岡県東部などで年間通じてあります。
遠くからは東北や関西からもご参加頂いているようです。

葛山城の見学所要時間ですが、今回、保存会様の大変貴重な解説を拝聴しながらでしたので、正確には不明ですが、だいたい大手も回って一周すると40分くらいかと推測致します。
登山道は整備されていますので、トレッキングポールは不要です。

お断り

上記の甲冑を着て城域で撮影させて頂いている内容は、師匠より保存会様と山の所有者様に事前許可を賜っており、当日も保存会様のご同行を頂いております。
もし、同様の事を行う場合には、必ず保存会様のご許可を頂き、ご迷惑をお掛けしないよう、お願い申し上げます。
葛山氏については、不明瞭な部分がありますので、このページに掲載されている事項はすべて確実と言う事ではありませんので、ご確認申し上げます。
現地の詳しい資料が手に入りましたので、改めて内容を検証し、加筆・修正を加える場合があります。

以上、最後までご覧頂きまして、誠にありがとうございました。

御宿友綱と御宿勘兵衛の活躍と駿河・千福城
今川氏親と北川殿~今川家の危機を乗り越え遠江を手中に収めた絆は強し
北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯
北条氏綱とは~関東進出の基盤を作った政治力ある小田原城主
長久保城の歴史~今川家・北条家・武田家が奪い合った最前線
北条幻庵~実は文武両道の名将である北条家の長老と北条幻庵屋敷跡
今川家の滅亡~掛川城と今川氏真・朝比奈泰朝 薩埵峠の戦い
今川義元は領国経営に優れた優秀な戦国大名だった
小山田信茂(小山田藤乙丸)~(1545年?~1582年)郡内の実力者
武田信玄とは~智力溢れる戦略と人物像・性格は?
興国寺城~巨大な堀切と高い土塁に囲まれたココから戦国時代が幕を開けた
武田信玄と武田家ゆかりの城・寺院・合戦場・隠し湯など一覧
景ヶ島渓谷~見たことも無い柔らかな奇石が織り成す独特の世界観

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…

人気の戦国武将

  1. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る