北条氏規と韮山城~激戦を物語る煙硝曲輪などの韮崎城訪問記


スポンサーリンク
スポンサーリンク

北条氏規(ほうじょう-うじのり)は、1545年に北条氏康の5男として生まれた。幼名は北条助五郎。
母は正室・今川氏親の娘(瑞渓院)。

兄に北条氏政(北條氏政)、八王子城主・北条氏照(北條氏照)、鉢形城主・北条氏邦(北條氏邦)がいる。

 スポンサーリンク


北条氏規は幼少期に今川義元の人質となり駿府にて過ごし、一時、今川義元の養嗣子ともなったが、今川氏真の次と言う事で次男扱いであったとされている。
また、徳川家康も同時期に駿府で人質となっており、住居が隣同士だったともされ、この頃から親交があったとする説もある。

その後、小田原城に戻った北条氏規の所領は、相模の三浦郡三崎宝蔵山付近であり、三崎城主として三浦水軍の管理も担当していたようである。

北条氏規の正室は朝比奈泰以の娘であったが、のち北条綱成の娘・高源院を迎え、1577年に嫡男・北条氏盛(ほうじょう-うじもり)が誕生している。

北条家においての北条氏規の活動は外交交渉が多く、越後の上杉謙信や甲斐の武田勝頼織田信長が没したあとの徳川家康、奥羽・伊達政宗や蘆名盛氏との外交・同盟で使者を務めている。

特に、徳川家康と北条氏規の間で交わされた書状などがは、神奈川県歴史博物館などに多数現存しており、豊臣秀吉北条氏直・北条氏政に上洛を求めた際に、徳川家康は北条氏規を北条家の窓口として接していた。

1569年、武田信玄が伊豆へ侵攻した際には、韮山城主として武田勢を撃退。
この頃から、外交役だけではなく、城主としての活動を見られるようになった。

北条氏直(北條氏直)の名代として、板部岡江雪斎と度々上洛しては豊臣秀吉との交渉も担当し、豊臣秀吉の北条討伐が現実味を帯びてくると、北条氏規(北條氏規)は大局を読み、豊臣秀吉への臣従を主張したが、北条氏政らは応じなかった。

1590年、豊臣秀吉の小田原攻めの際には、韮山城主として3640名余りで籠城。

豊臣勢は織田信雄17000を中心に、右翼に蒲生氏郷4000と、稲葉貞通1200。
左翼は細川忠興2700、森忠政2100、中川秀政2000、山崎片家と岡本良勝など2200。
中央に蜂須賀家政2500、生駒親正2200、筒井定次1500、福島正則1800、戸田勝隆1700人と言う総勢44000もの大軍にて、1590年3月29日から韮山城を包囲し激しい攻防戦である韮山城の戦いとなった。

しかし、3月30日に松田康長と間宮康俊などが守る山中城を徳川家康などが落とし、4月1日に井伊直政足柄城も落とす。
小田原城へと迫る豊臣秀吉は、韮山城には最低限の包囲軍を残して、織田信雄ら主力を転進させたため、韮山城は約3ヶ月も籠城戦を演じ、徳川家康の説得に応じて6月24日に開城した。

降伏した北条氏規は豊臣秀吉の元に出仕し、北条氏房と共に徳川家康と織田信雄を通じて豊臣家の黒田官兵衛らと交渉。
小田原城の兄・北条氏政と北条氏直に、降伏を勧める役割を果たした。

1590年7月9日、小田原城が開城したあと、北条氏規は高野山にて蟄居となった北条氏直に従い高野山へ赴いた。
1591年、北条氏規は豊臣秀吉に許されて河内の丹南郡2000石となる。
のち、1594年、河内の河内郡6980石となり狭山城主となった。

1600年2月8日、北条氏規は病死。享年56。
墓所は大坂の専念寺。

家督は嫡男・北条氏盛が継ぎ、下野4000石と合わせて1万1000石となり、関ヶ原の戦いでは東軍・西尾吉次の軍勢に属し所領安堵され、狭山藩主として子孫は明治維新まで続いた。

韮山城の訪問記

韮山城(にらやまじょう)は平山城であり、丘陵に沿って縦に曲輪が連なっています。
今回は、車を止めやすい、韮山城の東にある城池親水公園の北西端から登りました。

韮山城の本城・本郭は標高48m、麓の道路との標高差である比高は35mです。
各写真はクリックすると拡大致します。

現在でも曲輪や土塁の跡などが残されており、城池公園から堀切道を登って「権現曲輪」から「塩蔵址」まで、散策路が整備されていますが、三の丸は高校のテニスコートになっています。
下記はその三の丸の土塁です。

韮山城の築城は、1480年頃に堀越公方である足利政知の家臣・外山豊前守が造営したのが始まりとされています。

その後、伊勢盛時(北条早雲)が1491年に堀越公方・足利茶々丸を滅ぼすと、伊勢盛時(北条早雲)は韮山城を本拠地とし改修しました。

韮山城内にある熊野神社は、1500年に勧請したものであることから、この頃までに築城されたものと考えられています。
下記は権現曲輪です。

そして、北条早雲は韮山城を拠点に伊豆の諸城を攻略し、相模の小田原城も手に入れますが、最後まで韮山城を本拠として没しています。

その後も小田原城の北条家にとって、伊豆支配の重要拠点であり、北条氏康の5男・北条氏規が韮山城主となりました。

このように韮山城は、北条家5代、約100年の栄華の最初と終焉を、まさに見てきたことになります。

北条家滅亡後は、徳川家康の家臣・内藤信成が10000石にて韮山城主となりましたが、1601年に駿府城40000石に転封したあと、韮山城は廃城となっています。

韮崎城への登城口は、東の池側に2箇所と、西の韮崎高校脇に1箇所と、現在合計3箇所ありますが、すべて熊野神社のところに繋がり、そこから本丸部分へ南下する道は1本となります。

かつての韮山城は、現在見学できる主城(龍城山・標高41.7m)だけでなく、南東にそびえる標高128m程の独立丘の各所に城砦を築いた難攻不落の大城砦群となっていました。

堀切が何箇所もあります。

下記の階段を登ると、いよいよ韮崎城の本丸です。

下記写真が韮崎城の主城(龍城山・標高41.7m)本丸です。
写真の背後に見えるのが標高128mの山頂に天ヶ岳砦(天狗岳砦)方面です。

その西北に主城があり、城池を挟んで、東に江川砦、主城の南に土手和田砦、さらにその東南に和田島砦とあり、城砦は尾根を通じてそれぞれ連絡していました。

現在は整備されておらず、それらの砦を見るのは困難です。
しかし、豊臣勢に攻撃された時には、天ヶ岳砦(天狗岳砦)を中心に籠城したのではないかと感じました。
そうでないと、この程度の本城(本郭)である韮山城部分だけでは、簡単に落ちたと想像できます。
しかし、豊臣勢も恭順派の北条氏規が守っていると言う事で、いずれ降伏するだろうと、無理には攻めなかったのかも知れません。

下記は、韮崎城(本城)の本丸から富士山方面の展望です。

城主の屋敷があったのは、現在の韮山高校と考えられており、御座敷と言う地名が残っていることから、北条早雲の居館跡とされています。

韮崎城の本丸から更に行けるところまで、南下してみます。

おやっ?、なんか窪みのようなものが見えてきました。

韮崎城の煙硝曲輪でして、火薬庫であったと推定されています。

埋められずに、ここまで明確に残されている煙硝曲輪は、非常に珍しいです。

しかも、左右にと2つ連続しており、地元では塩蔵址と呼ばれています。

その煙硝曲輪の南先端まできました。
この先は、大堀切となっており、現在、見学できるのはここまでですので、引き返す事になります。

現在の韮山城は、その敷地のほとんどが、韮山代官・江川太郎左衛門のご子孫である江川家の所有となっています。

韮山城の見学所要時間は30分といったところでしょうか?
富士山がキレイな時に是非、訪れてみて下さい。
下記は城池親水公園の池です。

韮山城に車で向かう場合、江川邸脇の無料駐車場も利用できますが、一番近いのは下記の地図ポイント地点にある城池親水公園の駐車場です。
ただし、例によって「釣り」をする方が車をお止めになられています。
平日でも結構、車が止まっていましたので、土日祝は運が悪いと満車かも知れません。
地図は縮尺を変えてご覧願います。

北条氏康と瑞渓院とは~文武両道な猛将も家中や庶民を大切にした戦国大名
韮山代官の江川英龍とは? 韮山反射炉を計画し大砲を鋳造する(韮山代官所の訪問記)
柏木忠俊 韮山代官所の有能な人物で、明治維新後は足柄県令を歴任
春日信達と三枚橋城~そして上杉につくも真田の調略に応じる
下田城と清水康英【下田城の戦い】北条水軍対豊臣水軍
伊豆・長浜城と北条水軍の駿河湾海戦~長浜城の訪問記
豊臣秀吉の小田原攻め
蒲生氏郷~2人の天下人から厚く信頼され戦国の世を駆けぬけた希有の智将
蜂須賀家政と蜂須賀至鎮とは~徳島にて阿波踊りを始めさせた戦国武将
箱根・山中城の訪問記はこちら
世界遺産「韮山反射炉」の訪問記~無料駐車場やアクセス情報など
伊豆韮山の北条家関連や源頼朝・北条政子の史跡巡り駐車場情報など

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…

人気の戦国武将

  1. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る