筒井順慶と筒井城の戦い~筒井順昭と「元の木阿弥」や「洞ヶ峠」や筒井城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。
母は山田道安の娘・大方殿(山田道安の妹とも)。

筒井家は相当古くから興福寺に出仕して「衆徒」の役目を果たしており、父・筒井順昭(つつい-じゅんしょう)も興福寺衆徒の棟梁であった。
そして、大和の越智氏や木沢長政などを破り、龍王山城主・十市遠忠を味方につけて大和をほぼ手中に収め、筒井家は全盛期を迎えていた。
しかし天然痘もしくは脳腫瘍を患っていたようで、筒井順慶が生まれた1549年に突然、家来数人を連れて比叡山に隠居してしまう。
そして、家臣らには子の筒井順慶への忠誠を誓わせ、奈良の盲目の僧・木阿弥(もくあみ、黙阿弥とも)を影武者に仕立て、3年間死を隠すようにと遺言する。
1550年6月20日、父・筒井順昭が死去。(享年27)
僅か2歳の藤勝(筒井順慶)が家督を継いだが、父の弟・筒井順政、筒井順国らの補佐・後見を受け、宿老の森好之、島清興(島左近)、松倉重信の3人に守られながら育った。

ちなみに、影武者となった木阿弥は、筒井家当主として贅沢な暮らしをしたが、役目を終えると元の貧乏僧に戻ったことから「元の木阿弥」と言う言葉ができたとされている。

三好長慶の寵臣として力をつけてきた松永久秀(50歳)が、大和へ侵攻を命じられて1559年、信貴山城に移って改修し、次いで奈良に多聞山城を築城した。
筒井党の諸城は次々に落城。
1562年には筒井家と親しかった十市遠勝が松永久秀に臣従し、1564年には叔父・筒井順政が死去するなど、厳しい状況下に置かれた。

1565年、三好三人衆と松永久通らが将軍・足利義輝を暗殺したあと、松永久秀と三次三人衆は決裂する。
これを好機と、1566年、三好長慶の甥で三好家当主となった三好義継や、三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)と筒井順慶(18歳)は密かに同盟を結び「反松永体制」を結成したのだ。
この動きをすぐさま察知した松永久秀は、筒井順慶らの歩調が揃わないうちに電光石火とも言える奇襲攻撃にて筒井城を攻撃。
1565年11月18日、筒井城の戦い(第六次筒井城の戦い)となると、箸尾高春・高田当次郎らが寝返ったこともあり、筒井順慶は城に火をかける暇も無く、筒井一族・布施左京進の布施城へと落ち延びた。
なお、11月26日に、筒井順慶は高田当次郎の居城・高田城下を焼討ちしている。

その後、三好三人衆との連携を強化して、徐々に盛り返していった筒井順慶は1566年、反撃に出る。

筒井城の東南約6kmにある井戸城に中坊秀祐ら2000を送り松永久秀を牽制。
これに対して、松永久秀は1566年1月6日、松永久秀が自ら指揮して筒井城に兵糧と兵を入れて防備を固めた。
また、1月24日には松永久通が兵糧を入れようとしたので、筒井勢は若干の構成に出て荷駄隊を襲撃したため、1月29日にも松永久通が再び兵糧を搬入している。

そして、4月11日に筒井順慶と三好三人衆らは7000にて奈良へ進撃し、4月13日には多聞山城の南側の古市に入った。
4月21日、美濃庄城が筒井・三人衆へ降伏。
松永久秀は、裏を突く作戦に出て、5月19日に多聞山城から出陣すると、畠山高政らと合流して、三好三人衆の本拠地「堺」を6000にて包囲。
しかし、三好三人衆は逆に15000にて松永勢を包囲したため、さすがの松永久秀も和議申し出て、能登屋に斡旋を頼んだ。

その隙を突いて、筒井順慶(18歳)は手薄になっていた筒井城を攻撃し、6月8日に筒井城を奪還した。

筒井城を取り返した筒井順慶は春日大社に参詣し、宗慶大僧都を戒師として藤政から陽舜房順慶と改名し、正式に筒井順慶を称するようになる。
1567年、再び三好三人衆の三好長逸、三好政康、岩成友通や、篠原長房、池田勝正、別所長治らと結ぶと、奈良にて松永久秀・三好義継と一戦を交えた(東大寺大仏殿の戦い)が、その後も小規模な戦いが断続的に続いている。
そして、1568年6月29日、信貴山城の戦いにて信貴山城を陥落させることに成功した。

そんな折り、1568年、観音寺城の戦いで勝利し、15代将軍・足利義昭を擁立して上洛した織田信長に対して、松永久秀は恭順を示す。
勝竜寺城の岩成友通、芥川山城の三好長逸は織田勢に撃破され、芥川山城で織田信長に面会した松永久秀は、織田勢の細川藤孝佐久間信盛、和田惟政ら2万の援軍を受けて、信貴山城を僅か4ヶ月で奪取することに成功していた。

織田家への臣従判断が遅れた筒井順慶を見限った家臣も出始め、菅田備前守、箸尾高春、郡山向井氏、小泉秀元などが離反するなか、松永久秀は、郡山辰巳衆(郡山向井氏)を率いて筒井城を攻撃。

筒井順慶(20歳)は奮戦したが衆寡敵せず、1568年10月8日、叔父・福住順弘がいる福住中定城に落ち延びた。(第八次筒井城の戦い)

 スポンサーリンク


ひっそりと福住城に潜伏していた筒井順慶は、1570年、十市遠勝が死去したのを契機に十市城を攻め落とした。
さらに松永勢の窪之庄城も奪還して、椿尾上城を築城するなど、じわじわと勢力を盛り返してきた。

1571年、松永久秀は密かに武田信玄と通じて、篠原長房や有岡城主・荒木村重と結ぶと、足利義昭に味方している畠山秋高や和田惟長を攻めたので、足利義昭は筒井順慶に接近してきた。
この時、足利義昭は九条家の娘・多加姫を養女として筒井順慶に嫁がせている。

筒井順慶は井戸良弘に辰市城を築城させたが、これには地元の民衆の協力も多大なものがあったようで短期間で築城を果たしている。
しかし、松永久秀・松永久通の父子、三好義継らは、完成したばかりの辰市城に10000の大軍を派遣して攻略に取り掛かった。
この辰市城の戦いでは、高樋城、椿尾上城、大和郡山城、福住中定城にいた福住順弘、山田順清らと、次々と筒井順慶への援軍が現れる。
竹内秀勝らが討死するなど松永久秀は「大和でこれほど討ち取られたのは初めてだ」と文献に残すほどの大敗を喫し、更には筒井城を放棄して多聞山城へ撤退したため、筒井順慶は再び筒井城を取り戻している。
そして、筒井順慶(23歳)は佐久間信盛・明智光秀の仲介を受けて、松永久秀と和睦すると織田信長に臣従する意思を示した。
なお、この頃、島清興(島左近)を重臣に取り立てたとされている。

1572年、松永久秀が三好義継、三好三人衆らと組んで織田信長に謀反を起こすも、1573年、武田信玄は西上途中に病死し、槇島城の戦いにて足利義昭も敗れる。
若江城の戦いでも三好義継が佐久間信盛に敗れ、多聞山城を包囲された松永久秀は織田信長に降伏した。
筒井順慶も河内・私部城を落とすなどし、翌1574年1月には岐阜城を訪れて織田信長に拝謁して正式に臣従を示し、母・大方殿を人質として差し出した。

その後、筒井順慶は織田勢の三好義継討伐で先陣を務め、1575年、武田勝頼との長篠の戦いでは鉄砲隊50人を派遣し、越前一向一揆の鎮圧にも5000率いて参じている。
そんな活躍が認められたのか、大和の支配を託されていた塙直政が石山合戦で討死したあと、1576年5月10日には織田信長より大和守護を筒井順慶が任され、人質の母も戻されている。

1577年、石山本願寺本願寺顕如に味方する紀伊の雑貨一揆の鎮圧にも加わり、鈴木孫一・土橋守重らを織田家に服属させた。
しかし、筒井順慶が大和守護となったのが面白くない松永久秀は、再び織田信長に反旗を翻す。

1577年8月17日、松永久秀は詰めていた天王寺砦を焼き払って、子の松永久通と共に信貴山城に籠城し、城の改修も進めた。
当初、謀反を信じなかった織田信長は、松井友閑を派遣したが、松永久秀は会おうともしなかったとされている。
上杉謙信の進軍が止まったのを見た織田信長は、織田信忠、佐久間信盛、羽柴秀吉、丹羽長秀などを加賀から呼び戻して、筒井順慶も先陣として加わると40000にて信貴山城を10月5日より攻撃する。
佐久間信盛は名器・平蜘蛛茶釜の提出を求めたが、松永久秀は10月10日に平蜘蛛を叩き割って天守に火をかけ自刃した。
松永久秀は68歳、松永久通は35歳。
安土城の天守のモデルとも言われている信貴山城の4層の天守櫓は炎上し、信貴山城(しぎさんじょう)は廃城となった。
なお、松永久秀の遺骸は、筒井順慶が達磨寺に手厚く葬ったとも言われている。

1578年には、残りの勢力を駆逐して筒井順慶が大和を平定し、織田信長からは龍王山城の破却を命じられている。
この頃、筒井順慶は約18万石で、大和の諸将を含めると約45万石となる。
筒井順慶は茶湯、謡曲、歌道など文化面に秀でた教養人であり、僧侶でもあったので寺社仏閣も手厚く保護した。

引き続き筒井順慶は織田勢として参じて、1579年には荒木村重が籠る有岡城の戦いにも参陣。

1580年、居城を大和・郡山城へ移転させようと考えていたところ、織田信長より本城以外の城は破却するよう命じられる。
その為、大和郡山城を改修する事に決め、筒井城などは破却し、商家なども郡山に移転させた。

郡山城の普請には明智光秀も出向いている。
天正伊賀の乱では織田信雄に属して蒲生氏郷と共に布陣したが、伊賀衆の夜襲を受けて兵の半数を失うと言う危機に至ったが、家臣の菊川清九郎が道案内して筒井順慶は無事に逃れたと言う。

本能寺の変

1582年6月2日、明智光秀が本能寺の変を起こし織田信長が倒れる。
なにかと筒井家の面倒を見ていた明智光秀は、すぐさま筒井順慶に味方するように求めて来た。
福住順弘・布施左京進・慈明寺順国・箸尾高春・島清興(島左近)・松倉重信ら重臣を集めて評定を開いた筒井順慶は、辰市近隣まで兵を出したが、他には明智光秀に味方する大名がおらず、羽柴秀吉が討伐に動いていると言う情報収集を行い、9日までには大和郡山城で籠城の支度を開始した
6月10日には、誓紙を羽柴秀吉へ届けて恭順を示している。
同じ日に、明智光秀の家臣・藤田伝五郎が加勢を求めて郡山城を訪れたが、筒井順慶は追い返した。
そして、11日には、筒井順慶が大和郡山城にて切腹したという「噂」を流している。

筒井順慶は必ず味方してくれると考えていた明智光秀は、洞ヶ峠(ほらがとうげ)まで出陣して筒井順慶に加勢を促した「洞ヶ峠の日和見」とされるが、近年の研究では、筒井順慶への牽制・威嚇だったともされている。
羽柴秀吉が中国大返しで迫っていると言う報を受けた明智光秀は、転戦して淀古城・勝竜寺城を急遽改修し、13日に山崎の戦いとなった。

順慶は京都醍醐にて14日に羽柴秀吉に拝謁したが、山崎の戦いにも参じていなかった事から、この時「遅い」と叱責されている。
これが堪えたのか、以後、筒井順慶は体調を崩したとの噂が奈良一円に蔓延したが、どうも本当に胃の調子が悪かったようだ。

織田家の後継者を決める清洲会議では、筒井順慶は他の武将らと列席。
7月11日には、養子・筒井定次を人質として差し出し羽柴秀吉(豊臣秀吉)に従った。

1584年、高取城を支城として復興させるも、この頃から頻繁に胃痛を訴えるようになる。
小牧・長久手の戦いでも無理に出陣したが、大和郡山城に戻ると1584年9月15日、36歳の若さで病死した。

重臣だった島清興(島左近)は、跡を継いだ筒井定次と合わず浪人したが、のち石田三成に出会うまでは、仕官の話も軽々しく受けていない。
それらも考慮すると、筒井順慶と言う武将は、何度も居城・筒井城を追われたり、家臣に見放されても「復活」を遂げてもおり、戦国武将として器量と魅力は充分に備わっていたのだろう。

筒井順慶の遺骸は奈良・円証寺に葬られたが、その年10月15日に母・尊栄の願によって改葬され、郡山・長安寺に廟所が建てられ、現在残る五輪塔と覆屋と言う事になる。

筒井城

と言う事で、筒井城へ行って参りました。
まず、場所ですが、このページトップに掲載している「筒井順慶城」の石碑がある場所は下記の地図ポイント地点となります。

クルマでは入れない細い路地を抜けたところとなります。
下記の写真の場所から、民家と民家の間を入ります。

そして、下記のように狭い路地を抜けていくと、石碑がありました。

なお、この石碑から東へは、地図には掲載されていない「あぜ道」があり、そのあぜ道を抜けて東に出た辺りが、筒井城の本丸付近と考えられているようです。

筒井城を示す説明版などがあります。

上記の説明版などがある場所は、下記の地図ポイント地点となります。

近くには、菅田比賣神社がありますので、立ち寄らせて頂きました。

神様に社殿の大小は関係ありませんので、丁重にお参りさせて頂きます。

次に八幡神社を目指しますが、途中、道の真ん中に「社」がありました。

しかし、この辺りも道は狭く、昔のまんまです。
立ち話されている女性が写真に入ってしまいましたが、10分たってまた戻った時でもおられた為、写っておりますこと、ご容赦願います。

下記は専念寺です。

専念寺は、戦国時代後期の開山で、筒井順慶の木像が安置されているとの事です。

筒井の八幡宮やってきました。

八幡宮の境内には、筒井順慶公の碑が建立されています。

ただ、ちょっと石碑がある場所がわかりにくいので、地図にて示しておきます。
境内から入ってください。県道側からは入れません。

しかし、筒井城の周りは、かつては湿地帯であったことが良く分かります。

しかも、道も狭いのでクルマで付近を周るのは困難です。

筒井駅からは近いので、結構、歩いている方は多いのですが、自動販売機ひとつなく、喉がカラカラになってしまいました。

さて、電車の場合、近鉄の筒井駅から徒歩圏内となりますが、クルマの場合には、古い城下町と言う事もあり、駐車場など止めるところがありません。
たまたま、下記の地図ポイント地点にコインパーキングがありましたので、利用させて頂きました。

しかし、このコインパーキングはちょっと特殊です。
利用料金は24時間300円のワンパターンしかなく、料金を支払ったらその「券」をダッシュボードに掲示しておく方法となります。
筒井城の付近を散策した見学所要時間は約30分くらいでしたが、300円・・。
まぁ、あるだけありがたいので、せこい事を言うのはやめましょうかね?
とにかく、大和郡山付近は、このような観光での駐車場事情、あまりよくありません。

最後に、筒井順慶の墓です。

筒井順慶の墓

筒井順慶の墓がある場所は、筒井城から近鉄でひと駅南下した「平端駅」の近くにあります。

筒井順慶歴史公園として一応は整備されていますが、墓域のそんなに広くない敷地が公園と言う名称になっているだけで、公園と言うよりはいわゆる「墓所」です。

上記の通り、草も結構、伸び放題でしてちょっと地元からも見放されてしまっている感があり、残念に思いました。
私から申し上げますと、筒井順慶の生涯はやられてもやり返して這い上がると言う人生であり、それができると言う事は家臣や領民からも慕われていたと言う事でしょうから、NHK大河ドラマにしても、オモシロそうな題材になると思うのですがね。
奈良はもっと歴史が深い所もたくさんありすぎて、戦国期まで手が回らないと言うのが実情なのかも知れません。

筒井順慶の墓は下記の地図ポイント地点となりますが、当然、駐車場ありませんでした。

しかし、郡山ICも近いので交通は便利なところです。

以上、筒井順慶でした。

松永久秀~乱世の梟雄・稀代の謀略家にして初めて爆死した日本人?
三好長慶~戦国時代最初の天下人は戦と和睦の連続だった?
島左近(島清興) とは~「鬼左近」と称された猛将
明智光秀とは?数奇なその生涯~本能寺の変・山崎の戦い~詳細年表
天下分け目の山崎の戦いと勝竜寺城~明智光秀は遠慮して負けたか?
筒井家の家臣だったのか? 筧十蔵~真田十勇士
大和郡山城の歴史と筒井定慶~郡山城の戦い
筒井定次と伊賀上野城の戦い~伊賀・上野城の訪問記

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…

人気の戦国武将

  1. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  2. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  3.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る